ジムで音楽聞きながら運動する時はBluetooth対応のヘッドフォンが最高!

シェアする

スポーツジムって音楽が常に流れていて、それはそれで良いんですが、自分の好みの音楽ではない場合も多くて何となく嫌だと感じる時って有りますよねー。

そんな時には、自分のスマホでお気に入りの音楽を聞きながら、有酸素運動や軽めのウェイトトレーニングを行ったりするのですが、どうにも汗やイヤフォンのコードが気になるといういう方が多いはずです!

イヤフォンは防水ではないので、汗だくになるのは何となく嫌ですし、コードが鬱陶しくてトレーニングの邪魔になってしまったりと、スマホからコードで繋ぐイヤフォンはトレーニング時には向きません。

そんな時には、一つお気に入りのイヤフォンを購入してジム用に使ってみるのが良いかもしれませんよ?

スポンサーリンク

スポーツジムで有酸素運動中に音楽を聞くにはBluetoothのイヤフォンが最適!

ジム イヤフォン

大半の方は上の画像の様に、コードの付いたイヤフォンを使っていると思います。

iPhoneに付属している純正のイヤフォンを愛用している方も多いはずです。スマホ本体とイヤフォンはコードで繋がっています。

ジムで有酸素運動をする時はマシーンで歩いたり、走ったりエアロバイクを漕いだりするのですが、どうもコードが鬱陶しく感じてしまう時が有るんですよね。引っかかったり、何だか気になります。

そんな時には、Bluetoothのイヤフォンがめちゃくちゃ便利で邪魔になりません。

Bluetoothのイヤフォンとは?

最近では当たり前のように使っている方も多いので、特に珍しいものではありませんが、まだまだ持っていない方も多いのが、Bluetooth対応のイヤフォンです。スマホ本体とペアリングすることで、本体を持ち運ばなくとも、数メートル程度なら離れていてもイヤフォンやヘッドフォンで音楽を聴くことが可能です。

これって部屋で音楽を聴いている時や、荷物を持って移動している時にも非常に便利で、肩からバッグやリュックを降ろしたりする際にもコードが引っかかることがありません。

それに部屋の中にスマホを置いたり、ジムならマシーンに置いたままでもコードレスで音楽を楽しめます。

ヘッドフォンタイプであれば、BeatsのBluetoothタイプはめちゃくちゃ音も良く、かっこいいです。

ただちょっと高いですねー。大きいですし。

やはり運動中はイヤフォンタイプが良いのではないでしょうか?

SoundPEATSのQY7は人気のBluetoothイヤフォンです。しかも嬉しいことに防水、防滴のスポーツ仕様ですので汗を気にせずにガンガン使えます。価格も非常にリーズナブルです。

同じメーカーの新作のQY8も渋いです。このようなタイプのイヤフォンは、結構ジムで見かけます。

他にも、Ankerのイヤフォンも良いです。

ちょっと先ほどのSoundPEATSより高くなりますが、こちらもデザイン性が良いので、お洒落にジムで音楽を聞きながらの有酸素運動が出来ますね。かっこいいウェアに合わせたら最高にクールですね。

コードや汗を気にせずに、運動に集中できますし、何よりもファッション性も兼ね備えているのがBluetoothイヤフォンの良い点ですねー。

まとめ

ジムに行く際の服装にこだわるならば、小物まで気を使いたいところです。

ジムで流れている音楽だけではなく、自分のスマホに入っている音楽でテンションを高めて有酸素運動を行うのは、非常にテンションも上がりますし、集中も出来ます。

そんな時に、コードが引っかかってイラっと!するよりは、Bluetoothイヤフォンでストレスフリーでトレーニングに励むのがおすすめですよー。

ジムで臭うのは自分かも?汗や多汗症が気になる方は対策してから行こう!
スポーツジム、トレーニングジムでの服装や身だしなみは非常に大事です。服装や身だしなみが乱れていると、他人に不快感を与えてしまいますし、汚い奴...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする