ダイエットするときは朝食はどうするの?抜いても大丈夫?

シェアする

ダイエットする際に、どうしても食べると体重が増えてしまうというジレンマが有ります。

確かに食事を摂ると一時的には体重が重くなりますし、何だか太ったような気がしてダイエット中は精神的に安定しなくなってしまう場合も有るでしょう。

しかし朝食は絶対に食べた方が良いのです、朝食を食べなかったからといって痩せれる、ダイエットが成功するとは言えません。

その理由は何故なのでしょうか?朝食抜きで痩せようとしている方は必見ですよー!

スポンサーリンク

ダイエット中に朝食を抜いている貴方!そのダイエット間違えていますよ!

ダイエット 朝食

何故ダイエット中に、朝食を抜いてしまう方が多いのでしょうか?それは単に時間が無かったり、面倒だったり、またはダイエットのために敢えてカロリーを摂取しないように控えたりしているのですが、やはり一番はダイエットの為でしょう。

しかし朝食を食べることで、体の代謝が上がり1日のカロリーを燃焼する為の準備が整います。

忙しかったり痩せたい気持ちが強くて朝食を食べたくない気持ちは分からなくもないのですが、朝食は必ず取るべきですし、朝食には摂取した方が良い栄養素が有ります。

朝食にはタンパク質を多く含む食品を食べよう

朝起きたばかりの体内は、寝ている間にタンパク質を消費しているので、タンパク質が足りない状態となっています。

タンパク質は筋肉を増やし、痩せやすい体質になるために絶対に必要だという事は当サイトで何度も書いております。

という事は朝食では、タンパク質を多く摂取することがダイエットへの近道になるという事が分かります。積極的にタンパク質を多く含む食品を、朝食で食べるようにしましょう。

朝食に食べると良い食品

卵 朝食

ではタンパク質を多く含む、朝食に摂取すると良い食品とは何なのでしょうか?

代表的なものとしては、納豆や豆腐や卵などが良いでしょう。コンビニのサラダチキンも良いです。

関連:セブンイレブンのサラダチキンを食べ比べてみた!どの味が一番美味しいのか?

納豆や豆腐は調理しなくても、簡単に食べることが出来ます。卵も前日に茹で卵にしておけば、朝は殻をむくだけで良いので、すぐに摂取する事が出来ますよね。このような食品と合わせてサラダなどを食べるのが、朝食には良いでしょう。

もちろん多少は炭水化物が、必要なのでご飯も少しだけ食べるのも良いでしょう。

納豆や豆腐と合わせて、プロテインを朝起きてすぐに飲んでおくのも非常に良いです。腹持ちも良いですし、無駄な脂質を取らなくて良いので、ダイエットには最適です。

まとめ

朝食を抜くことは、一時的には体重が落ちることも有りますが、結局は筋肉量を減らしてしまっているだけです。

人間の体というのはバランス良い食事を摂取しながら、筋肉量を増やしていく事で、一番良いサイクルでダイエットが出来るようになるので、極端に筋肉を減らしてしまう行為は、良くないのです。

脂肪を減らして、筋肉を増やす事が重要ですので、体脂肪測定の出来るヘルスメーターで体脂肪率を図りながらダイエットするのがおすすめです。

体重が減っているのに体脂肪率が減っていないと感じたら筋肉量が落ちているという事になりますので、体重が減るにつれて体脂肪も減っていくという事を目で見て確認しておく事が必要です。その為には、朝食でしっかりとタンパク質を摂取する事が必要なのです。

割れた腹筋を作る!シックスパックとは?どうやれば出来るの?
ボコボコに割れた腹筋は、男の象徴とも言える女性にアピール出来る部分です。 力強く割れた腹筋は、男同士でも憧れますし、大胸筋と並んで人の...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする