炭水化物は筋トレに必要?正しく炭水化物を理解して筋肉を肥大しよう!

シェアする

炭水化物(糖質)は、ダイエットをする際には完全なる悪として捉えられています。

確かに、白米やパンやパスタ、ラーメンなどの炭水化物を食べると太るイメージが有りますし(実際に太りますし)、一般的にはダイエット時に食べたくないものの筆頭に挙げられています。

ダイエットをする時には、抑えたほうが良い炭水化物は筋トレにも同じことがいえるのでしょうか?筋トレの目的は、ダイエットとは違い筋肥大です。言うまでもないことですが、筋肉を巨大化させて見た目にも強そうな体を手に入れるために筋トレを行う方は多いでしょう。

その場合には、炭水化物は摂取しないほうが良いのでしょうか?

スポンサーリンク

炭水化物は筋トレをする人には必要?不必要?

筋トレ 炭水化物

結論を先に書くと、筋トレやウェイトトレーニングを激しく行う方には炭水化物は必須です!

炭水化物を全く取らずに、大きな筋肥大は望めないと言っても過言ではありません。ここからは筋肉のために炭水化物がなぜ必要なのかを書いていきます。

炭水化物は筋トレ時のエネルギーになる

筋肉が成長するために一番重要なのは、タンパク質だという事は当サイトで何度も書いてきました。その為にハードにトレーニングをする人は、鶏肉や牛肉、そしてプロテインを摂取しています。

もちろんタンパク質は、筋肉にとって一番重要なのですが、炭水化物はどうでしょうか?

炭水化物は、筋肉の合成のエネルギーとなります。筋トレを行う際のエネルギー、つまりグリコーゲンは炭水化物(糖質)が体内で貯蔵されたものです。このグリコーゲンを利用する事で、トレーニング時のエネルギーとします。

グリコーゲンが豊富に貯蔵されていれば、筋トレ時のタンパク質分解を防ぐ事が出来ますので、筋肉を作るために必要なタンパク質を消費しないので筋肉が付きやすくなります。

逆に炭水化物を摂取していないと、グリコーゲンが不足してトレーニング中のエネルギーが無くなり、タンパク質が消費されてしまうという悪循環になります。要するに筋肉が付きにくくなってしまいます。

トレーニング前とトレーニング後は特に炭水化物が重要

ここまでに書いてきたように、筋トレ時には炭水化物が必要ですが、トレーニングの前はエネルギーとして絶対に摂取しておきましょう。

なるべくならトレーニングの1時間前までには炭水化物を摂取しておくことが望ましいです。

トレーニング中はカーボドリンクで、さらに炭水化物を摂取するのも良いでしょう。

そしてトレーニング後には、タンパク質と炭水化物の摂取が重要となります。特にトレーニング後は、素早く炭水化物を摂取し、筋肉の合成を促すことが大事ですので、出来るだけ筋トレ後には炭水化物を含んだ食事を食べましょう。

意外と羊羹なども良いですし、携帯できるのであればおにぎりやバナナなども良いでしょう。もちろんトレーニング後はプロテインも飲みましょうね!

摂取する量としては、諸説ありますが1日のトータルで炭水化物(糖質)がタンパク質の数倍程度必要と言われていますので、200g〜300g程度は1日で摂取するのが良いでしょう。もちろんタンパク質も体重の2倍程度(60Kgなら120g程度)は摂取しましょう。ただ炭水化物の取りすぎは良くないので、量には気を付けないといけませんね。

炭水化物の摂取量とタイミングに気をつけて、筋肉を爆発的に増やせると良いでしょうね!

ウェイトゲイナーの飲み方と効果を解説!おすすめ製品も紹介!
太っていることがコンプレックスだという方は多いですが、そうでないかたも実は多いのです。 痩せている事がコンプレックスだという方も、少な...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする