日本の芸能人や有名人のベンチプレスの記録を紹介!

シェアする

当サイトの別の記事で、世界中の化け物のような怪力を持つ男達を取り上げました。

ここに挙げたメンバーは、その辺りにいる怪力とは桁が違うので参考にするのも、あれですがトレーニング自体は参考になると思います。

今回は芸能人や有名人に絞って、ベンチプレスの記録はどの位なのかを調べてみましたので紹介します。

スポンサーリンク

芸能人のベンチプレス記録はどの位なの?中には凄い人も

ベンチプレス 芸能人

ベンチプレスは、いわゆるBIG 3と言われる、ベンチプレス、スクワット、デッドリフトというウェイトトレーニングで人気の三種目のうちの1つですが、特に人気の高いトレーニングです。

やはり寝転んだ状態で、どれだけ重たいものを上げるかというシンプルさや、大胸筋を大きく肥大する事が出来るというのが人気の理由です。

日本人の一般男性でトレーニングをしていない方は、平均40キロ程度と言われていますので思ったより軽いなあと感じました。では芸能人では平均より上の方は、どんな方が居るのでしょうか?

今回は、日本の芸能人を男性、女性問わずに紹介していきます。

ベンチプレス50キロ〜80キロの芸能人や有名人

浅田真央:47Kg

フィギュアスケートの浅田真央ちゃんは、47Kgを上げるそうです。成人男性の平均が40Kgですので、なかなかのパワーですね。

ロンブー淳:55Kg

ロンブーの淳さんは、55Kgだそうです。平均よりは少し上といった感じでしょうか。トレーニングをやっているのかどうかは不明ですね。

香取慎吾:55Kg

TV番組の中で55Kg上げれると言っていましたね。体格を考えると少々軽いのではと思いますね。

ザキヤマさん:60Kg

ザキヤマさんは太っているので、ベンチプレスの記録と体重は比例しますので、この位は上げれるかもしれませんね。

有吉弘行:65Kg

有吉さんは、以前柔道をやっていて黒帯だという事からも、トレーニングをやっていない一般人よりはパワーが有りますね。

大体このような感じで、有名芸能人やスポーツ選手の記録が判明しました。この辺りの重量は、一般的にも上げる方が多い重量ですので、芸能人にも比較的上げれる方が多いでしょうね。

ベンチプレス80キロ〜120キロの芸能人や有名人

小島よしお:95Kg

約100キロを上げる事が出来るのが、お笑い芸人の小島よしおさんです。この辺りの重量が上げられると、周りにもかなり自慢出来るのはないでしょうか。

長渕剛:100Kg

昔は華奢だった長渕剛さんも、いきなり鍛えだしてマッチョになりましたよね。彼は極真空手も習っていたそうです。年齢を考えると、100Kgというのは凄い事だと思います。

オードリー春日:100Kg

こちらもボディビルの大会にも出ているオードリーの春日さんです。実際にかなり良い身体をしていますね。

草野仁:100Kg

テレビで怪力エピソードをよく披露している草野さん。高齢にも関わらず素晴らしい肉体をしていますよね。

レイザーラモンHG:105Kg

かなりの長身と肉体美を誇るレイザーラモンHGさんは、やはりそれなりの重量を上げますね。

武田真治:110Kg

えっ?あんなに細いのにと驚くかもしれませんが、武田さんはムチャクチャ鍛えていて服を脱ぐと凄い身体をしています。あの体重や体格で110Kgは脅威です。努力を感じますね。

清原和博:110Kg

逆にあんなに大柄なのに?と思うかもしれません。現在ではこんなに上げる事は出来ないでしょう。ベンチプレスは大柄なだけでは上げる事が出来ないというのが分かりますね。

中田翔(日本ハム):117Kg

プロ野球界でもかなりマッチョな肉体を誇る中田翔選手、正直今ならもっと上げるのでは?と思うのですが、なかなかの記録ですね。

なかやまきんに君:120Kg

なかやまきんに君は、ボディビル留学していただけあって、かなりの重量を上げますね。かなり努力をしているのでしょうね。

ベンチプレス120キロ〜200キロの芸能人や有名人

ベンチプレス 有名人

ダウンタウン松本人志:120Kgから130Kg

テレビ番組で、どの位の重量を上げるのかと聞かれた松本人志さんが答えた数字です。以前は、かなり細い体格でしたが結婚を期に身体を鍛え始め今では凄まじい上半身になりましたね。

金子賢:140Kg

テレビで言っていた数値がこれです。金子賢さんはベストボディジャパンの東京大会で優勝したりと、随分と筋トレを熱心に行っているようです。一時期は格闘技もしていましたが、それで肉体改造に目覚めたのかもしれませんね。

金本知憲:150Kg

現役時代は度々テレビでウェイトトレーニングを行う様子が放送されていたのが、元プロ野球選手の金本知憲さんです。ウェイトトレーニングに励んだからこそのパワーでホームランを量産し、連続試合出場の記録を打ち立てましたよね!やはりスポーツにはウェイトトレーニングが絶対に必要ですね。

パッション屋良:160Kg

今頃はテレビにあまり出ないので知らない方も沢山居るのが、パッション屋良さんです。テレビに出ていた頃は怪力エピソードを披露していました。フライパンを丸めたりもしていましたねー。

室伏広治:170Kg

この辺りになってくるとアスリートの中でも頂点クラスになりますね。室伏選手は、とにかくウェイトトレーニングや力が強いと有名です。超人的な肉体をしていますもんね。

佐々木健介:200Kg

200Kgともなると、もはやノーギアであれば普通にテレビに出れるレベルだと感じます。特に日本人だと驚異的ですね。実際に上げている所を見ていないので何とも言えないのですが、本当だと凄すぎますね。

他にも元横綱の朝青龍や貴乃花、アントニオ猪木や長州力なども200Kgを上げるという事らしいですが、実際に上げている所の映像などが無いので何とも言えません。それほど200Kgというのは凄い事です。

芸能人や有名人のベンチプレスの記録を見て感じた事

芸能人やスポーツ選手は、トレーニングを行う為の資金的余裕や、バックアップ体制は一般人よりも上だと思います。

一般人だと、ジムに通う事は出来ても、プロテインやサプリメントを思う存分購入する事が資金的に厳しいという事や、高額のジムにいけないという状況もよく有る事です。

その点を考慮すると、意外とそこまで記録が凄くないなあと感じてしまいましたが、やはり100Kg以上を上げる方々は凄いです。特に150Kgを超えようと思うと、なかなか普通にトレーニングをしているだけでは難しいのです。

当サイトの管理人も格闘技をしていた頃に、最高120Kgまではベンチプレスを上げていましたが、これ以上は独学でトレーナーを付けずに行うのは厳しいなあと感じていましたので、本格的にベンチプレスを強くしたいのであれば、有名なジムに通ったり、食生活や、サプリやプロテインなども本格的なものを使う必要が有りますね。

追記:先日(2016年9月)にテレビのTeppenという番組企画で金子賢さんや、魔裟斗さん、小島よしおさんがベンチプレスを行っていたのですが、体重の8割でベンチプレスを行っていましたが、最高で30数回程度でしたので思っていたほどは凄くないなあと感じてしまいました・・・

世界の怪力な男達!野獣の様なパワーを持つとはこういう事だ

オプチマムのゴールドスタンダードをレビュー!最強のコスパを誇るプロテインです

スポンサーリンク

シェアする

フォローする