ダンベルは自宅トレーニングにおすすめ!最初に購入するべき理由

シェアする

みなさん、トレーニングやっていますでしょうか?

管理人は、ジムで高重量で追い込む派なのですが、自宅でトレーニングするいわゆるホームトレーニーの方々はダンベルは最低限持っているかと思います。

もし、これから自宅でトレーニングを始める気だという場合には、一番最初に購入する器具としてダンベルをお勧めします。

今回の記事では、なぜ最初にダンベルを購入するのが良いのか、ダンベルを持っていると何が出来るのか、どのようなダンベルを購入すれば良いのかを紹介していきます。

スポンサーリンク

自宅トレーニーが最初に購入すべきはダンベルセット!その理由を紹介

ダンベル

なぜダンベルが必要なのか?

それはダンベルが筋トレにおいて非常に使い勝手の良い器具だからです。

ダンベルは場所を取らずに鍛えることが出来る

まずは何といってもダンベルトレはスペースを取りません。

部屋で人が一人立てれば、または座れればトレーニングする事が出来ます。畳1畳分程度のスペースで十分に追い込んだトレーニングが可能です。

ダンベルカール、サイドレイズ、ダンベルショルダープレス、ダンベルスクワット、どれを行ったとしても全てダンベルのセットが有れば自宅で完結します。

ダンベル自体の大きさが小さいので、部屋に置いていても邪魔になる事はありませんし、家族にも迷惑をかけることがありません。

トレーニングを始める際には、最初に自重トレーニング(腕立て伏せや腹筋など)から始める方が多いのですが、その次がダンベルといった具合です。

自重トレで満足した人が、次のステップに向かう時、まずはダンベルを購入するのが自然な流れです。

ダンベルが有れば様々なトレーニングを行える

ダンベルトレーニングは奥が深いものです。

バーベルで、がっつりと体を鍛えている方がダンベルを使わないかといったら大間違いです。

もちろんダンベルも使っています。バーベルに比べて、可動域を自由に使えるので、より効かせたい筋肉に対してアプローチする事が出来ます。

少し軌道を変えるだけで、効き具合が変わってくるのがダンベルトレーニングです。

初心者におすすめのダンベルトレーニングは、上腕二頭筋を鍛えるダンベルアームカールや三角筋を鍛えるサイドレイズやダンベルショルダープレス、上腕三頭筋を鍛えるダンベルローイングなどです。

どれも最初は軽い重量から始めますが、すぐにそれなりの重量が扱えるようになります。

かっこいい肉体を目指すのであれば、必須のトレーニングばかりですのでダンベルを利用して行ってみましょう。

ダンベルは必ず2つで1セットを購入しよう

ダンベルセット

ダンベルを購入する際には、1つだけ購入するのはなるべくならやめておく方が良いです。

1つでも出来ないことはないですが、2つ(1セット)有った方がトレーニングの効率が格段に良いです。

1セット購入しても、それほど場所も取らないですし、価格もそれほど変わらないので2つで1セットを購入するべきです。

管理人の知り合いでも大体の方が1つだけ購入して、後から2つ購入しておくべきだったと後悔しています。

ダンベルの重量は余裕を持って重たいものでも良い

初心者の方が考えがちなのは、最初は重たい重量を扱えないから固定されている重量で、5Kgずつとか10Kgずつを購入するという事です。

買い足していくのであれば、これでも特に悪いわけではないのですが、お金がもったいないですし自宅にどんどんダンベルが増えてしまうと、せっかく省スペースで行えるダンベルトレなのに矛盾してしまいます。

そう考えると、最初からある程度重量が有って、しかもプレートの取り外しが出来るタイプのダンベルを購入するべきです。

↑このようなタイプがおすすめです。

片手20Kgあれば、しばらくは不満なく使えます。それ以上を扱うようになればジムに通ったり、もっと重たい本格的なダンベルを購入するのも良いです。

ダンベルが有るだけでトレーニングが楽しいものに

まとめとしてですが、ダンベルはセットで購入しておいて、重量も使わないかなというような重さでも良いと感じます。

実際に40Kgセットでも管理人だと足りないです。ジムでトレーニングしているので、もっと重たいダンベルが有りますが、自宅での限界は家の事も考えると60Kgセット程度までかなとも思いますね。

しかしダンベルが有るとないとではトレーニングの質や楽しさが全く変わってきますので、これから筋トレを始めようとしている方は必ずダンベルセットを手に入れてください。

関連:自宅で下半身を追い込むならダンベルスクワットがおすすめ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする