筋トレと食事のタイミング!筋トレ前と後に食事はどっちが良いの?

シェアする

筋トレと食事というのは、ないがしろにしがちな方が多いのですが、筋肉を大きく肥大させたかったり、ダイエットしたい場合には絶対に重視しなければならない事です。

トレーニングをどんなに必死に行っても、筋肉を育てるための栄養源が無ければ、筋肉は発達するどころか逆に萎んでいってしまう事も有りますし、栄養を摂取せずに摂取せずに筋トレをするというのは身体のためにも良くありません。

しかし筋トレを行うタイミングは、人それぞれですので食事と筋トレとのタイミングというのは、とても一概に言えるほど簡単ではなく、100人いれば100人なりの生活に合わせていく必要が有ります。

そうは言っても基本的な部分は抑えないといけませんので、今回は筋トレと食事とのタイミングについて書いていきます。

スポンサーリンク

筋トレ時の食事のタイミングとは?先に食べる?それとも後に食べるの?

筋トレ 食事 タイミング

筋トレを行う目的は、人それぞれですので目指すべき体によっては、当然サプリメントを摂取している方もいるでしょう。食事(栄養)とサプリメントとの関係も非常に重要です。

食事の内容やタイミングと同じく、プロテインの摂取にも拘るのであればまずはプロテインの摂取タイミングはトレーニング後すぐというのは欠かせません。

プロテインについては、当サイトのプロテインというカテゴリーで詳しく記載していますので、そちらも合わせてご覧ください。

プロテイン / マッスル野郎

筋トレの前に食事を食べる

筋トレの前に食事を摂取するのであれば、直前に食事を摂取するのはやめておいた方が良いでしょう。

基本的に、食後すぐにトレーニングする方はあまりいないでしょう。食後すぐは体が重いですし、食後は食べたものを消化するために内臓がフル活動しているのですが、この状態の際は血液も内臓に集中して行っている状態です。

その状態で、筋トレをしてしまうと筋肉の方に血液が向かっていくので、内臓は消化不良になったり、負担がかかってしまいます。

これは当サイトの別記事からの引用ですが、食後すぐというのは筋トレに適した時間帯とは言えません。

では食べずにジムに行けば良いのか?というと、勿論そんな事はありません。

トレーニング時には、体を動かすエネルギーが必要となります。しかも高強度であれば普段よりも沢山のエネルギーが必要で、このエネルギーが何かと言えば炭水化物(糖質)です。炭水化物が足りていない状態での高強度のトレーニングは、タンパク質を燃焼させてしまい効率の悪いものになるでしょう。

なぜタンパク質が燃焼されてしまうのか?

なぜ炭水化物が足りないと筋肉が付きにくくなるのかというと、炭水化物が十分であれば炭水化物をエネルギー源として体を動かすことが出来ます。

しかし、そうでないと体は筋肉を作るために重要なタンパク質を分解してエネルギーにしてしまおうとします。

結果的に、タンパク質が消費されてしまうと筋肉は付きにくくなってしまいます。筋トレ時のエネルギー源は炭水化物という事は覚えておく必要が有ります。

炭水化物は太るので、食べたくないと考えている方も多いかもしれませんが、筋トレを行う日は積極的に摂取する必要が有ります。

炭水化物を摂取するタイミング

炭水化物 筋トレ

では筋トレを行う際には、炭水化物はどのくらいの時間帯にとっておけば良いのかというと、これは人それぞれのタイミングは有るとは思いますが、最低でもトレーニングの1時間以上前が望ましいでしょう。

最初に書いたように、食後すぐのトレーニングが体にとって良くないという理由も有りますし、炭水化物を消化してグリコーゲンとして体内に蓄えておきエネルギーとする為には食後すぐでは早すぎるのです。

つまり筋トレ前の炭水化物を含んだ食事の摂取は、1時間程度前〜3時間程度前が良いでしょう。

グリコのCCDドリンクは、カーボドリンクとしてトレーニング中に素早くエネルギーを補給する事が出来るので、管理人も愛用しています。

どうしてもトレーニング前に、食事を取れないという状況であれば炭水化物を含むプロテインバーを摂取し、トレ中はCCDを飲むというのも手です。

筋トレの後に食事を食べる

時間的にどうしても、筋トレを行った後に食事を取るようになる方も多いでしょう。例えば仕事帰りに、ジムによってトレーニングをしてから帰宅、そして食事をとるという方などです。

この場合に、一番重要なのは筋トレ後30分以内の、通称ゴールデンタイムと言われる最も筋肉がタンパク質を必要としている時間帯にプロテインを摂取することです。

特にジムに通っている方は、自宅に帰るまでの時間が数十分から1時間以上かかる方も多いでしょうから尚更プロテインを摂取しておくべきです。

自宅でトレーニングしていて、トレ後すぐにタンパク質を多く含んだ(肉や魚など)食事をとることが出来る方は、焦ってプロテインを飲む必要はないかもしれませんが、出来るだけプロテインは飲んだ方が良いでしょう。

重要なのは、筋トレ後は良質なタンパク質を多く摂取するという事と、ビタミンや炭水化物もバランスよく摂取するという事です。ダイエット目的だけでいうと炭水化物は摂取したくないと考えますが、炭水化物は筋肉を作るために重要な栄養源となるのでトレーニング後は摂取するべきです。

炭水化物は、筋肉を作るために重要なインスリンを急速に分泌する効果が有りますので、筋トレ後の炭水化物の摂取は非常に重要です。

つまり筋トレ後に食事をする際のコツとしては、タンパク質を多く摂取する事と炭水化物を摂取する事が重要です。

まとめ

筋トレ時の、食事のタイミングは非常に重要です。しかしタイミングだけでなく、内容も重要なのです。筋トレ前の食事が重要とか、後が重要とかいうことでは無くどちらも重要です。

これを理解せずして爆発的な筋肉の成長は見込めませんので、基本に忠実に行いたいですね。

特にトレーニング前の炭水化物の摂取や、トレーニング後のタンパク質と炭水化物は、筋肉を大きく成長させるに必要ですので、忘れずに食べるようにしましょう。

もちろんそれ以外の時間帯でも、タンパク質はプロテインなどで摂取するのは基本的なことですし、肉や野菜、魚、乳製品や大豆食品などからも栄養素を摂ることが大事ですので、バランス良い食事で、筋肉を大きく育てましょう!

プロテインも大事だけど、水も沢山飲まないといけませんね!特にクレアチン摂取時は水を沢山飲むことが必要です。

筋トレをしたいけど時間がない!どうすれば筋トレを続けられるの?
現代人の最大の悩みといえば、やはり会社に拘束されることで時間が自由に取れないという事です。 仕事が終わって、自宅に帰ると疲れ果ててお風...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする