筋肉を付けるには食事が重要!何を食べるのが良いの?

シェアする

前回の記事で、筋肉を付ける為にはトレーニングをする事によって、筋肉の破壊と再生を適切に行う事が大事だと書きました。

トレーニングをする上での基本として大事な事ですが、その他にも重要な事が沢山あります。

その中でも、バランスの良い食事を取る事や、筋肉を育てる為になる食事を十分に摂取する事も非常に大事な事です。

今回は、筋肉を付ける為の食事について触れていきましょう。

スポンサーリンク

筋肉を付ける為の食事とは?どのような物を食べれば良いの?

筋肉 食事

筋肉が付きやすい食べ物って有るの?と思うかもしれませんが、これが結構沢山有ります。逆に筋肉ではなく脂肪ばかり付いてしまう食べ物も有ります。

食事というのは、人間が生きていく為だけではなく筋肉にも凄く関係しているんですよね。

早速筋肉が付きやすい食べ物は、どのような物が有るのか紹介してみます。

タンパク質の多い食事

筋肉を付ける元になるのはタンパク質です。とにかくタンパク質を沢山取る事で、筋肉は成長していきます。

タンパク質の多い食べ物としては

  • 牛肉
  • 鳥肉
  • 豚ヒレ肉
  • ゆで玉子
  • プロテイン
  • 牛乳(無脂肪)
  • 豆腐
  • 大豆
  • サーモン
  • チーズ
  • ビーフジャーキー

このような食品が、特にタンパク質の多い食べ物です。タンパク質が多くても脂肪分が多いとマッチョなボディを目指せませんので、牛肉であれば脂身の多い和牛よりはオージービーフやアメリカ産の赤身肉が良いでしょう。特にモモ肉やヒレ肉が良いです。

なぜ海外の方が、あんなにマッチョなのかを考えれば、おのずと答えは出ますよね。鳥肉も、一番良いのはササミです、脂肪分が少ないので最高の筋トレのパートナーとなるでしょう。湯で火を通しただけのササミは筋トレ愛好者にとっては最高の食品ですね。

上に挙げた物の中でも、特にアミノ酸をよく含む食品は、良質のタンパク質を取る事が出来ますので、玉子や鳥のささみ、牛乳(無脂肪)、プロテインなどはお勧めの食品です。1日に体重1キロに付き、2g程度タンパク質を取ると非常に良いとされています。

一番効率よくタンパク質を取れるのは、間違いなくプロテインですが、プロテインについては又別記事で触れる事にします。

関連:プロテインの記事一覧

1日の食事の回数を増やす

筋肉 食事 回数

サラリーマンの方には、なかなか難しいのですが1日の食事回数を多くして、一度の食事の量を少なめにするという食事方法も筋肉を付ける為に良いとされています。

これにより、1度の食事の際のカロリーを減らし太りにくくなります。人間の身体は、脂肪を溜めこもう溜めこもうとする様に出来ていますので、一度の食事は少なめにして回数を増やす事で脂肪が溜まるのを防ぐのです。

脂肪を付けない事で、より身体がマッチョに見えるので、脂肪を付けない事は大事です。

食事回数を増やす事には、脂肪を貯めにくくするという理由以外にも、食事と食事の間が長いと筋肉を燃焼しようと身体がしてしまうので、出来るだけ食事間を空けないのが筋肉の為に良いです。

出来れば、5回位に分けて食事を取るのが良いでしょう。間には、バナナや、プロテインを1回と数えても良いです。これなら忙しいサラリーマンの方でも出来るのではないでしょうか?

効果的なトレーニングと食事のバランスで筋肉を付けよう

これからトレーニングを始める方は、今までのような食事内容を変える必要が有るかもしれません。

特に、炭水化物(白米やパンなど)を我慢して、タンパク質中心に摂取するという生活をする必要が有るでしょう。

簡単な事ではないかもしれませんが、筋肉を付けて細マッチョや、ゴリマッチョになって女性にモテたい!または男性にモテたい!という方は少しの我慢は必要ですよね?

トレーニングで、しっかりと筋肉を育てていき、そして食事でも筋肉を育てる、このサイクルが上手くいくようになれば貴方の筋肉はイキイキと大きくなっていくはずです。そんな筋肉の事を想像しながら、食事制限も頑張ると良いですね。

世界の怪力な男達!野獣の様なパワーを持つとはこういう事だ
世界中にいる野獣のような男達、圧倒的なパワーには憧れと尊敬の念を抱いてしまいます。 怪力男って聞くとなんだか幻想が有ってかっこいいです...
理想の細マッチョになろう!細マッチョになる為に必要なトレーニング
とにかく細マッチョに憧れているという方って多いですよね?細いのに、服を脱ぐとムキムキの身体というのは同性でも憧れますし、女性も細マッチョが大...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする