筋トレの効果はどの位の期間で出るの?早くムキムキになりたい!

シェアする

筋力トレーニングやダイエットを始めると、結果ばかりが気になってしまうという方は多いのではないでしょうか?

ダイエットであれば、早く痩せて脂肪だらけの身体とお別れしたいですし、現在ヒョロヒョロの身体でマッチョや細マッチョに憧れている方は筋肉が早く肥大化する事を望んでいるはずです。

今回は、筋トレをどの程度やれば効果が出始めて身体が見た感じ変わってくるかという事について書いてみますね。

スポンサーリンク

筋トレの効果はどの位の期間で出るの?人それぞれだが大体3ヶ月位から!

筋トレ 効果 期間

自宅でのトレーニングと、ジムでのトレーニングでは多少の差はどうしても出てくるものですが、ここでは週3回1時間程度みっちりとウェイトトレーニングを、ほとんど休憩無しで行うと仮定して話しを進めていきます。

週に3回、胸や足、背中のウェイトトレーニングをみっちり行えば、かなりの筋肉痛が残りますし、限界に近い重量でウェイトトレーニングを行った際には、身体の疲労感は相当なものです。

最初の1ヶ月間

最初の1ヶ月間では、肉体的な変化はほとんど無いでしょう。

しかし強度の高いウェイトトレーニングであれば、随分と力が強くなったと実感する事は出来るはずです。週3でも1ヶ月で12回ものウェイトトレーニングを行っている訳ですから、パワーは確実に付いているはずです。

ただし肉体的に一目で変わったというような印象を与えるほど、筋肉が付くかというと1ヶ月ではまだまだでしょう。

それと最初の1ヶ月の際には、そこまで強度の強いトレーニングを行えるのは、ウェイトトレーニングの経験者でもない限りは厳しいでしょうから、そこそこの強度で行うのが望ましいでしょう。

3ヶ月経過後

3ヶ月ほど、ずっと継続してウェイトトレーニングを行うと、明らかに上げる事の出来る重量が変わってきます。ベンチプレスで10Kg以上、スクワットでも20Kg以上は最初よりも扱う重量が上がっているのではないでしょうか?

この位になってくると、明らかに体つきが変わってきます。

上腕二頭筋は盛り上がり、三角筋や背中の筋肉が付いてきますし、足も随分と筋肉質になってきます。

ここからが本当のトレーニングの始まりといった感じでしょうか。この辺りからは本格的に、プロテインクレアチンを摂取していくのも良いかもしれませんね。

6ヶ月〜1年程度経過後

この位の期間まで、週に3回というウェイトトレーニングを続ける事が出来たのならば、貴方は最早立派はアスリートです。

最初に50Kgのベンチプレスが上げられなかった方も、この位の時期には80Kg程度上げれる様になっているかもしれません。スクワットも100Kgを突破しているかもしれないですね。

ここまで来ると、肉体的にも他人が一目でトレーニングをやっているなと気付くほどに筋肉は発達、又は絞れた身体になっているはずです。これは年齢を問わず、そうなるはずです。

こっから先は自分との戦い、どこまで重量を伸ばして、どこまでムキムキなボディを作り上げるかという事になるでしょう。

1年以上〜5年程度

ベテランです。中には、ボディビルの試合やフィジークの試合、パワーリフティングの試合に出てみたいと思う方も居るでしょう。

1年と5年では全然違いますが、この程度継続して行えたなら確実に当初考えていた理想の身体は手に入れているはずです。

他人にウェイトトレーニングの知識をアドバイスしてあげたり、ジムでも顔見知りが増えて楽しく過ごせる様になるレベルに達している事でしょう。

まとめ

体つきが明らかに変わってくるのは、6ヶ月程度を過ぎた辺りだと考えるのが、一番分かりやすいのではないでしょうか。

つまりそれよりも早く、理想の身体を手に入れたいのであればパーソナルトレーニングでトレーナーについてもらってトレーニングをするなどの方法や、もともとウェイトトレーニング経験者で最初から有る程度ガンガンとウェイトを出来る方で無いと厳しいでしょう。

しかし逆に考えると、無理せず週に3回仕事終わりや、仕事の合間などにジムや自宅でそれなりのトレーニングを行えば、体つきはみるみる変わりますし、重たい重量も上げれるようになるのが人間の肉体です。

焦らずに、じっくりと身体作りをしていくのが理想的ですね!

本気で肉体を変えるつもりであれば、パーソナルトレーニングで本格的にやるのも良いですね!

関連:東京都内のおすすめのパーソナルジムを紹介!肉体改造を成功させる為にはどこが良い?

プロテインを飲むと太ると思っている人が非常に多い!その理由は?
先日、当サイト管理人がアンケートを取ってみた所、皆さんそう思っているんだなあーと感じる事が有りました。 それはプロテインに関する事なの...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする