ウェイトトレーニングする時にトレーニングベルトは必要なの?おすすめは?

シェアする

ウェイトトレーニングを行なっていると、様々な用具が気になってきますよね?特に、腰を保護するトレーニングベルトや、手首を保護するリストラップ、膝を保護するニースリーブなどは非常に気になるアイテムです。

中でも一番最初に多くのトレーニー達が手に入れるのが、トレーニングベルトなのではないでしょうか?

でも何となくトレーニングベルトしているけど本当の意味が分からずにしている人もいるでしょうし、これから買いたいけど意味有るの?と思っている方もいると思いますので、今回はウェイトトレーニング時に使うトレーニングベルトについて書いてみようと思います。

スポンサーリンク

トレーニングベルトは絶対にした方が良いの?どれがおすすめ?

トレーニングベルト

トレーニングベルトの効果として、挙げられるのは以下のような点です。

  • 腹圧を上げてトレーニング効果をUPさせる
  • 体幹を安定させて怪我を防止する
  • 重たい重量を扱えるようになる

このような感じです。

腹圧とは?

腹圧というのはお腹に力を入れた状態です。息を吸い込んでお腹を張ったときにお腹が、パン!と膨らむ感じになるのですが、まさにこのような状態です。

ウェイトトレーニング時には、この腹圧を意識するというのは非常に重要で、特に重たい重量を扱うようになると腹圧をコントロールしないと挙げることが出来ません。

トレーニングベルトを装着する事で、腹圧を上げる事が出来ます。

腹圧が高まっている時の方が、重たい重量を扱う事が出来るので、軽い重量ならともかくそれなりにウェイトトレーニングでパワーを求めていくであれば、トレーニングベルトで腹圧を高める事が必要になります。

体幹や腰を保護しながら安定させる

トレーニングベルトは腰の部分にしっかりとキツく巻きつけます。自分の力でキツく締めれない時には、他人に手伝ってもらったり、ジムのパワーラックなどに片側を巻きつけた状態でグッと引っ張ればキツく締めれます。一度は見た事が有るのではないでしょうか?

しっかりと腰の部分に巻きつけることにより体幹を安定させ、腰を保護してくれますので、ケガの予防にもなりますし、腰を痛めることも少なくなります。

トレーニングベルトの種類や素材について

トレーニングベルトには実に様々な種類が有ります。

太い物や細い物、革製や柔らかい素材のものが有ります。基本的には、どれを選んでも良いのですが、初心者のうちはあまりゴツくて太いものよりも、それなりの太さと硬さのもので良いと感じます。

上級者になればなるほど、太くてゴツいトレーニングベルト(パワーベルト)を付けている印象が有りますね。

一般的には、ゴールドジムのトレーニングベルトは装着している方が非常に多く、ポピュラーですので、初心者ならこれを選んでおけば良いと思います。革製で丈夫ですし、太さも良い感じです。

他の記事で紹介した、ジムに行く際のバッグにもちょうど入るサイズで良いですしね。

硬い革の感じが嫌いな方は、マジックテープタイプの柔らかい素材のものが良いでしょう。

価格が安いので、入門編にもってこいのトレーニングベルトです。

もっと重い重量を扱いたいし、大会にも出たい!と考えているような方は、このような公式戦で利用出来るベルトが、少々高くはなりますがおすすめです。本格的にウェイトトレーニングに取り組みたい場合には、良いベルト(パワーベルト)を持っておくのも良いでしょう。

結局トレーニングベルトは必要なのか?

まず間違いなく必要だと言えるでしょう。

本格的にウェイトトレーニングを行なっている方で、トレーニングベルトを付けていないという方を管理人はほとんど見たことがありません。

よほど強い体を持っているか、相当腰に自信が有るとかではない限りは、トレーニングベルトは必要不可欠だという事です。

腰を痛める前に購入しておくべきですし、スクワットやデッドリフトをやるなら絶対に装着するべきです。

あまり高価なものを購入する必要はありませんが、体への負担を減らせる事や、扱える重量がUPする事を考えると、トレーニングベルトは確実に持っておきたいアイテムですね。

ジムでの服装はどんな感じにすれば良い?基本を抑えておこう!
トレーニングジム、スポーツジムにこれから行こうと考えている方は多い事でしょう。 そんな時に気になるのは、ジムに行くときの服装です。流石...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする