前腕を太くしたい!男らしい腕を作るトレーニング方法

シェアする

男にとっての前腕、シャツをまくり上げた時に見える太い前腕は、見るものを魅了します。太い腕は、男の勲章とまで言っても良いかは分かりませんが、太い腕ってやはりかっこいいですよね。

一見身体は細いのに、腕は太い。というようなギャップに女性は男らしさを感じるようです。

そんな男の前腕を鍛えるには、どのようなトレーニングやどのような器具を使えば良いのでしょうか?

今回は力強い前腕を作るには、どうしたら良いのか?という事を紹介していきます。

スポンサーリンク

力強くて太い前腕を作る方法!男なら前腕を鍛えろ!

前腕 筋肉

仕事柄、前腕をよく使う方の腕は太くて筋張っています。このような働く男の前腕というのは、非常にかっこいいと個人的には感じます。職人さんに、このようなタイプの前腕を持つ方は多いです。

しかし前腕というのは、実は日常的に身体の中でも最も使う部位の筋肉なので、鍛えても簡単には太くなりません。だから仕事で前腕を使っていても、そこまで筋肉が肥大化しないのですね。

圧倒的な太さ、筋肉を求めるなら間違いなく筋力トレーニングが必須という訳です。太く硬い前腕を目指すのであれば、有る程度ハードに追い込む必要が有ります。

特に前腕に効くトレーニングを紹介していきます。

握力トレーニング

キャプテンズ・オブ・クラッシュ・グリッパーズ

私自身も行っていて、前腕強化に非常に優れているのが握力トレーニングです。私は、キャプテンズ オブ クラッシュグリッパーというグリッパーを利用して前腕を鍛えています。

実際に上の画像は、私が前腕トレーニングに利用しているキャプテンズ オブ クラッシュ グリッパーです。かなりの強度を誇るグリッパーで、世界中に愛好者のいる握力トレーニングの決定版とも言える商品です。

現在、10の強度に分かれているキャプテンズ オブ クラッシュ グリッパーの握力強度目安を表にしてみました。

ガイド 握力27Kg程度
スポーツ 握力36Kg程度
トレーナー 握力44Kg程度
#0.5 トレーナーと#1の中間程度
#1 握力63Kg程度
#1.5 #1と#2の中間程度
#2 握力88Kg程度
#2.5 #2と#3の中間程度
#3 握力127Kg程度
#3.5 #3と#4の中間程度
#4 握力166Kg程度

このようになっております。ガイドやスポーツ、トレーナーという強度は、これから握力トレーニングを始める方には、ちょうど良い強度ではないかと感じます。

私は、#1と#2を使用していますが、#1は閉じれますが、#2が以前は閉じれていましたが最近握力トレーニングを減らしていたら閉じれなくなっていました。今後頑張る予定です。

#3から上は、別次元の強度で世界でも#は世界で100人程度、日本では7人しか閉じる事の認定を受けておりません。#4に至っては、現時点では日本人は誰も認定されていません。世界でも5人しか認定を受けていないという凄まじさですので、私達一般のトレーニーには関係の無い世界かもしれません。

一般的に、トレーニングを始めて、それなりにハードにやるのであれば、#1から#2.5位までを購入して握り込めば、かなりの握力(例えば林檎を握りつぶすのは私も出来ます。)が手に入るのではないでしょうか。

実際の握力トレーニングの方法

ここで実際に握力トレーニングを行う際に、キャプテンズ オブ クラッシュ グリッパーを利用して鍛えるとしたら、どのようにすれば良いのかを以下に説明します。

アップ→軽めのグリッパーを10回程度握る

本番→グリッパーを2秒程度かけて握り込む、1秒程度制止、戻す。これの繰り返しです。

このセットを10回ほど行っていれば、かなり疲れますので、良いトレーニングが出来ているといって良いでしょう。アップで使うグリッパーは自分の握力で十分閉じれる物を使用し、本番では閉じたいと思っている強度のグリッパーを利用しましょう。

このような握力トレーニングを、1日おきに行っていると驚くほど握力は強くなります。最初はメキメキ握力が強くなるので、非常に楽しいです。前腕の太さも、キャプテンズ オブ クラッシュグリッパーを利用して鍛えると驚くほど太くなりますし、かなりパワーが付きます。

リストカール

前腕を鍛えるトレーニングと言えばリストカールが、王道です。

リストカールについては以下の動画が分かりやすいですのでご覧下さい。

このようにリストカールは、前腕の筋肉を全体的に鍛える事が出来るトレーニングで、最も前腕に効くトレーニングだと言われております。

ただし、バーベルを使うよりは、ダンベルを使う方が効くとも言われておりますので、ダンベルを使ったリストカールは下の動画で紹介しています。

この外国人の男性が行っている様な方法でリストカールを行うと良いでしょう。この方は、かなり良い前腕の筋肉をしていますね。

バーベルやダンベルを、手の平で巻き込むという感じを意識して行うと良いでしょう。

回数としては、最初のうちは一度のセットで8〜12回ほどを目安に、合計3セット程度やるのが良いでしょう。慣れてくるとプレートを重くしていけば良いのですが、最初のうちは手首を痛めない様に軽い重量で行うのが安全です。

前腕トレーニングのまとめ

まだまだ前腕トレーニングは、今回紹介したトレーニング方法以外にも有りますが、基本的な部分としてはリストカールをしながら、握力トレーニングに励めばかなり強力な前腕を手に入れれるでしょう。

私も握力トレーニングとリストカールに力を入れてトレーニングを行っています。

力強い前腕を手に入れるには、筋力トレーニングがかかせません。トレーニングを行った後は、十分な水分や栄養、休息も必要になってきます。

筋肉を付けるには食事が重要!何を食べるのが良いの?
前回の記事で、筋肉を付ける為にはトレーニングをする事によって、筋肉の破壊と再生を適切に行う事が大事だと書きました。 トレーニングをする...
分厚い胸板を作るには腕立て?ベンチプレス?
夏になると海に行ったり、川に行ったりと楽しいイベントが目白押しです。泳ぐ機会も増えますよね。そんな時に、貧弱な身体や太った身体だと恥ずかしい...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする