ダイエットに効果的な有酸素運動と、無酸素運動の違いとは?

ダイエットに励んでいる管理人です。現在、ウェイトトレーニングと有酸素運動で脂肪を落として、筋肥大をし利用的な身体を手に入れようと目論んでおります。

やはりダイエット時に大事なのは、食事制限や、運動なのですが、運動や筋トレをしてもなかなか体重が落ちないという時は無いでしょうか?それは運動の仕方や、脂肪の燃焼についての知識を得ないまま運動や筋トレを行っているからかもしれません。

今回は、ダイエットやムキムキなマッチョボディを手に入れる為に、覚えておくべき知識として有酸素運動と、無酸素運動を紹介していきます。

スポンサーリンク

有酸素運動と無酸素運動の違い?何でなかなか痩せないの?

有酸素運動

まずは、有酸素運動がどのような運動なのかを知っておかねばなりません。何となく痩せるには有酸素運動が良いらしいと聞くけど実際にはどうなのでしょう。

ダイエットの為には、大事な事は体内に蓄えられた脂肪を燃やすという事です。有酸素運動と脂肪には、どのような関係が有るのかも書いていきます。

有酸素運動とは?

有酸素運動とは、長時間継続して行えて、かつ軽度から中度の負荷がかかる運動とされています。当てはまるのが、ウォーキングやジョギング、ランニング、水泳、エアロビクスなどが当てはまります。

どれも負荷はそれほど強くないけども、持続して行う運動ばかりです。有酸素運動を行う事によって、体内の糖質や脂肪が運動すると共に消費され燃焼されます。つまりダイエットに効果的なのは、有酸素運動によって脂肪が燃焼されるからなのです。

有酸素運動は、体内に取り込んだ酸素を使い、糖質や脂肪をどんどん燃焼していきます。

有酸素運動の効果

有酸素運動には脂肪が燃焼されて、ダイエットに効果が有る意外にも様々なメリットが有ります。

  • 心肺機能の向上
  • 慢性疾患の発症率低下
  • 抑うつ性の向上

このようなメリットが有ります。適度な有酸素運動を行う事で、生活習慣病を防ぎガンなどの発生確率も低くなるとも言われています。アメリカでは、1日最低でも30分の運動を行う事で、ガン予防になると言われており有酸素運動を行う事にはメリットだらけですね。

ただし有酸素運動は、筋肉の増加や瞬発力の向上には向いていません。

有酸素運動の注意点

有酸素運動を行う際の注意点として、10分程度ですぐに運動をやめてしまうと効果が無いという事です。

最低でも20分は運動を続けないといけません。理由は有酸素運動を開始して最初のうちは糖質から燃焼されていきます。その後、徐々に脂肪が燃焼され始めます。この時間が大体20分程度かかるとされています、ですから有酸素運動を行う際には最低でも20分以上は行う様にされています。20分と言わず、最低30分程度は行う方が良いでしょう。

運動開始からの20分の間に、燃焼される糖質や脂肪は血中のものが主ですので血液をサラサラにする効果が有ります。血液をサラサラにして病気を予防する意味では、短い時間でも良いのですが、脂肪を燃焼してダイエットする為には最低20分は有酸素運動を行いましょう。

有酸素運動のコツとしては、それほどキツくない運動を長い時間、そして継続して長い期間行うのが良いでしょう。ダイエット効果が出ますし、健康にも非常に良いです。

ランニングや、ジョギングをしている方で、なかなか痩せないと言う方が多く居ますが、20分未満の短い時間しか運動を行っていない可能性は有りませんか?出来れば毎日30分以上はランニングやジョギングを行ってみて、それでも減らなければ他の問題が有ると考えられます。

他の問題と言えば、ランニングやジョギングでカロリーを消費したからと言って、運動終了後に白米や麺などを食べてしまう行為です。ランニングで、300Kcalを消費して500Kcalの食事を運動後にしたら痩せるはずは有りませんよね?なるべく運動前に、炭水化物を取っておき、運動後はプロテインやBCAAを取るのが良いでしょう。

当サイトは、とにかく筋肉を増やしたい、カッコいい身体になりたい、ムキムキのマッチョ体型になり...

ここまで読んで頂ければ、有酸素運動がダイエットにも身体にもどれだけ必要かという事が、分かって頂けたかと思います。ポイントとしては、ジョギングやランニングは20分以上は最低限行う。という事です。食事は運動の前後には、あまり多い量は取らず高タンパク、低脂肪の食品を摂取する様に心がけましょう。

無酸素運動とは?

無酸素運動とは

無酸素運動とは、いわゆるウェイトトレーニングなどの筋力トレーニングや、100m走などの短い距離を全速力で走る様な運動が無酸素運動となります。短時間に、急激に運動をするので呼吸をほとんどしない状態での運動を指します。

有酸素運動とは違い、瞬発的な高負荷の運動が無酸素運動です。

無酸素運動の特徴としては、筋肉中に溜められていたグリコーゲンを燃焼する事によって運動する際のエネルギーとします。短時間に負荷の高い運動を行う事によって筋力や基礎代謝を高める事が出来ます。マッチョになりたければ無酸素運動を行うのが良いという事ですね。

ベンチプレスなどのウェイトトレーニングが、まさしく無酸素運動に当てはまりますので、脂肪を落とすのが目的ではなく、筋力や筋肉を付けるのが目的であれば無酸素運動を行うべきです。

夏になると海に行ったり、川に行ったりと楽しいイベントが目白押しです。泳ぐ機会も増えますよね。そんな時...

一般的にダイエットには有酸素運動、筋力アップには無酸素運動とされていますが、無酸素運動でも行う事によって基礎代謝が上がってくるので、結果的に脂肪を燃焼しやすい身体になりますし、有酸素運動としてジョギングやランニングを長い期間続ければ足腰の筋肉が鍛えられて筋力はアップしていきます。

ダイエットをするには有酸素運動も無酸素運動も取り入れるべき

有酸素運動も無酸素運動も、どちらも重要な運動です。使う筋肉が違ったり、運動する内容は違うものの、ダイエットをするならばどちらの運動も取り入れていくべきです。

利用的なのは、有酸素運動を中心にして無酸素運動も取り入れていくのが良いでしょう。脂肪を燃焼させながら、筋肉を増やしていく事で、太りにくく痩せやすい体質を作る事が出来るのです。現在ダイエットを行っているけど、結果が出ていないという方は、どちらかの運動を全く行っていないか、有酸素運動の量が少ないのかもしれません。又は食事の取り方が悪いのかもしれません。

ダイエットとは、様々な要素が重なって行われるものですので、出来る事は全て行ってみましょう。誰しも結果が出だすとモチベーションも上がります。お気に入りのトレーニングウェアを着たり、好きな音楽を聞いたりしながら気分転換しながら運動をするのも良いですね!

前回の記事で、筋肉を付ける為にはトレーニングをする事によって、筋肉の破壊と再生を適切に行う事が大事だ...
痩せる方法って誰もが知りたいですよね? もちろん痩せるといっても色々な方法が有ります。運動をす...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする