初心者はダンベルカールを何Kgでやれば良いのか?10Kgって重い?

盛り上がった上腕二頭筋を手に入れるためには、カール系の種目は欠かせませんが、中でも最高の種目がダンベルカールです。

ダンベルカールが最高という理由には、様々な理由が有りますがダンベルは自宅でもダンベルさえ有れば出来るので非常に鍛えやすいですし、種目として非常に上腕二頭筋を鍛えるのに適しています。

多分誰もが一度は行った事が有るのがダンベルカールですが、初心者のうちは一体どの程度の重量を使ってトレーニングを行うべきなのかを今回は紹介していきます。

スポンサーリンク

初心者がダンベルカールを行う時に扱うべき重量とは?

YouTubeなどで外国人が、ダンベルカールを行っている姿を見ると相当重い重量でやっているので、真似をしてみたくなるかもしれませんが、止めておきましょう。

ダンベルカールで30Kg以上の重量を扱うのは、かなりのレベルですので、普通にトレーニングしている方では無理なレベルです。相当体重と筋力が有るか、鍛え込んでいないと30Kg以上は厳しいですね。(チートを使えば出来ます。)

では、初心者のうちはどの位のダンベルを使うのが適正と言えるでしょうか?

その前にダンベルカールって何という方は、別記事で書いていますのでご覧下さい。

関連:上腕二頭筋をデカくしたいならバーベルカールやダンベルカールをやってみよう!

最初は3Kgや5Kg程度のダンベルでダンベルカールを始めよう

トレーニング初心者の方は、全く無理をする必要はありません。

最初は3Kg程度の軽いと感じるダンベルでも良いので、回数をこなして正しいフォームを身につけていきましょう。

肘を動かないように固定し、体の反動(チーティング)を使わずに行うダンベルカールは実は結構キツイものです。このように正しいフォームで行うのであれば、3Kgや5Kgくらいのダンベルでも10回以上続けて行うと、相当しんどくなってくるはずです。

3Kgが正しいフォームで20回程度できるようになれば、5Kgをやってみて、また20回位平気で出来るようになれば、8Kg位にしてと繰り返しながら10Kg、そして10数キロと重量を伸ばしていけば良いでしょう。

10Kgも初心者の方にとっては、相当重たい重量に感じられるはずです。

20Kg以上扱えるようになれば一般的には強い方ですし、30Kg超えるとジムなどでも凄いと言われるレベルになります。なかなか40Kg以上でやっている方は見かけませんが、もちろん出来る方も少数ですがいらっしゃいます。

数字の目安としては、10Kg程度までが初心者と言えるでしょうから、まずは10Kgを反動を使わずに10回以上出来るところを目指すのが良いでしょう。

まとめ

ダンベルカールは、やり込めばやりこむほど、いわゆる力こぶ(上腕二頭筋)を大きく肥大化出来ます。もちろん無限に大きくなるわけではありませんが、全くやっていないのと、ダンベルカールをやり込んでいる身体というのは、一目見れば分かります。

女性も力こぶが大好きなので、モテたいと思っている男性はダンベルカールはしっかりとやりこむべきではないでしょうか?

家で行えるトレーニングとしても優秀なので、ダンベルカールおすすめです!

付け外しで重量を変えれるダンベルは重宝しますので、安くても良いので1セット持っておくと良いですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする