ぎっくり腰は暖めると随分と楽になる!いつから温める?

先日、スクワットで腰を痛めてしまったことを書いたのですが、本当に腰の痛みは辛いものです。

ぎっくり腰は、症状にもよりますが初期には冷やしたほうが良いと言われておりますが、実は暖かめたほうが良いとも言われております。

何だか、ややこしい話になってしまいますが詳しく書いていきますので、ご覧下さいね。

スポンサーリンク

ぎっくり腰は暖めると楽になる!どのような時に暖めると良いの?

ぎっくり腰 暖める

ぎっくり腰になったばかりの時には、痛めた場所(筋肉や靭帯など)が炎症を起こすことで腫れています。

腫れている時には、アイシング(冷やす)することで炎症が進んでいく事を抑えることが出来ますし、痛みを和らげることが出来ます。

しかし体を冷やすということは、人間の体にとっては治りを遅くなるという事にもなりますので、実は痛みが酷い時には良いのですが、ずっと冷やしてしまうと周りの筋肉なども固まってしまい、回復が遅れる原因ともなります。

つまり、ぎっくり腰になったばかりで激痛がしていて患部が腫れている時以外は冷やさないほうが良いという事になります。

では、暖めるのはいつから行えば良いのでしょうか?

暖めると治りが早くなる!いつから暖めるの?

これは一般的に、様々な体の痛みに対して言われることですが、血行が悪くなる事によって痛みが起こるといわれております。冷え性や肩こりなどは血行が悪い事で、起こる代表的な症状ですよね。

血行を良くする為には、患部を暖めたり、お風呂に入ると良いと言われております。

これが、ぎっくり腰にも当てはまるのですが、冒頭にも書いたように患部が腫れている時に暖めてしまうと、治り自体は早くなるらしいのですが、痛みが酷くなってしまい我慢が出来なくなってしまう場合も有ります。

この場合には暖めると、良くありませんのでまずはアイシングして、腫れが引くのを待ったほうが良いでしょう。

腫れが引いて、痛みが減ってきたら暖め始めるタイミングでしょう。ここまでの日数は症状の重さにもよりますが、ぎっくり腰になってから数日経ってからの方が良いです。痛みが落ち着いてきたら暖めるほうが治りが早くなります。

どうやって暖めるのが良い?

実際に患部を暖める方法は、使い捨てカイロが良いでしょう。もちろん温湿布でも良いです。

貼るタイプのカイロであれば、非常に患部を暖める事が出来ますし、実際に貼ってみると随分と楽になりますし、血行が良くなり早く治るようになります。

使い捨てカイロや、温湿布で患部を暖めることは、ぎっくり腰の回復にとって非常に大事なことです。

たかが暖めるだけで、そんなにそんなに良くなるのかと思うのですが、実際に暖めると非常に楽になります。

まとめ

ぎっくり腰になった際に、冷やすか暖めるかというのは非常に難しい問題ですが、やはり症状を判断するのが大事でしょう。

痛みが酷いようなら、冷やす方が良いですが、基本的には暖めて血行を良くする事で治りが早くなるという事ですね。

暖める際には、貼るカイロを貼って暖めてあげると、随分と楽になりますので痛みが完全になくなるまでは暖めてあげるのが良いですね!

当サイトでは、運動や筋トレを推奨していますが、なぜそこまでして美しい肉体や、鍛え抜かれた肉体を手に入...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする