ゴルフで飛距離を伸ばしたい!筋トレは必要?不必要?

多くの男性が趣味として行うゴルフですが、技術の習得には時間がかかるものです。

プレー自体を上手くするために必要なのは、間違いなく練習ですが、それだけで超えられない壁というのも存在します。

趣味でやっている方や、アマチュアでそこそこいっている方も、ドライバーでの飛距離を伸ばしたいと感じている方が非常に多いです。私の周りでもそうです。

では実際に、飛距離を伸ばすためにはどのような事が必要なのでしょうか?

今回は、ゴルフが上達するための筋トレについて書いていきます。

スポンサーリンク

ゴルフの飛距離を伸ばすには?筋トレは必要なの?

ゴルフ 筋トレ

まず基本的な部分として抑えておきたいのが、プロゴルファーが筋トレをしているのか?という事です。

プロゴルファーがゴルフが上手い、そして飛距離も凄まじく飛ばすという事は彼ら、彼女らのトレーニングが優れているからです。筋力だけではなく、フォームが抜群に綺麗です。

で、筋トレはしているの?という事ですが、バリバリにやっています!

有名な石川遼選手も、以前は細身でしたが現在ではかなりの筋力を持っており、ウェイトトレーニングにも励んでいます。

もちろん筋力、フォーム、体の柔軟性などが全て兼ね備わった結果ですが、どれが欠けても駄目なのです。

他にも、もっと有名な選手としてタイガー・ウッズがいますが、彼もウェイトトレーニングをやりこみ強靭な肉体を持っているからこその強さという部分が有りました。

つまりゴルフにも筋トレが必要だという事ですね。しかし闇雲に鍛えてもゴルフで使える筋肉にはなりませんので、筋トレも適切に行う必要が有ります。

ゴルフに必要な筋トレ

ゴルフで重要な筋肉の部位は、主に足、体幹、背筋です。

ウェイトトレーニングの種目としては、バーベルスクワットやデッドリフト、ベントオーバーロウ、カーフレイズ、レッグエクステンションなどの背中や脊柱起立筋、足の筋肉を使うトレーニングをメインで行うと良いでしょう。

中でも下半身を総合的に鍛えるバーベルスクワットや、背中を鍛えるデッドリフトは重要です。この種目を行って飛距離が伸びたという方はプロゴルファーの中にも多いでしょう。

下半身や体幹を鍛えることによって、ブレない体の芯が出来上がりますので、フォームが安定し力強いショットが打てるようになるのです。下半身がグラグラしているようでは、どんなに良い道具を使っても飛距離は伸びません。

ゴルフをしている方なら分かりますが、ヘッドスピードを上げることで飛距離が伸びるので、ヘッドスピードを上げるために下半身の筋力をアップさせるという事が必要になるのです。その際に小手先の腕力では、ボールが真っ直ぐ飛びませんし、距離も出ません。

もちろん上半身のトレーニングとして、チンニングベンチプレス、ダンベルを使ったトレーニングも行うのが良いです。

しかし上半身の筋力も重要なのですが、より下半身の筋肉が重要だといえるでしょう。上半身はあくまで補助的に行うべきです。

上半身のトレーニングは、筋肉が大きくなりすぎるとスイングの邪魔になるので、あまり大きくし過ぎるのは禁物です。下半身はガンガンやりこんでも大丈夫です。

まとめ

ゴルフに筋トレが必要か?そうでないかというと、確実に必要です。

一見、ゴルファーは他のスポーツに比べて筋量が少ない方が多いように感じますが、筋トレは必ずといって良いほど行っています。

現在では全くやっていないというプロは、ほとんど居ないでしょう。意外と一般の方はフォームは熱心に練習していますが、筋トレはしていないので、ライバルと差をつけるとしたら筋トレが重要になります。

野球選手やラグビーの選手ほどウェイトトレーニングをやりこむ必要はないですが、それでもウェイトトレーニングは練習に取り入れるべきです。

そして、同様に重要なのがフォーム、そして道具も良いものを使うに越した事はありません。現在では随分と性能の良い商品が気軽にネットで手に入るようになったので、ゴルフ好きにも良い時代になりましたね。

ゴルフに使える体幹トレーニングの本も出ているので、体幹を鍛えたい方は読んでみても良いかもしれません。

もっと本気の方はライザップゴルフを検討してみるのも良いですね↓

【ライザップゴルフ】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする