身長を伸ばしたい!背を高くする為の方法を紹介

男性にとっての身長の高さは多感な思春期や、大人になってからも凄く重要な事ですよね。

身長は低いより、高い方が良いに決まっていると誰もが思っているのではないでしょうか?しかし身長は体重と違って、自分でどうにか出来る訳では有りません。このような事が悩みの種になります。

体重は、太るのも痩せるのも個人で制御出来ます。太ったなあと思えば、走ったりすれば良いですし、太りたければダラダラすれば良いのですが、身長は自分で伸ばしたり縮めたりは出来ませんよね?

では、身長を伸ばす為にはどのような事をすれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

身長を伸ばす為の方法とは?生活習慣を見直そう

身長 伸ばす方法

身長を伸ばす為の方法というのは、様々な要因が有ります。その小さな積み重ねが身長の伸びに関係してきますので、今回は身長を伸ばす為に役立つ情報を紹介してみます。

背を伸ばす為には、身体が成長していくメカニズムも意識しておかないといけません、成長期にはどのようにして身体が成長していくのかを見てみましょう。

成長期の身体の成長

子供の身体は、3歳頃から神経系の成長が顕著になります。これにより、言葉や運動能力も成長し、話せる様になったり走ったりジャンプしたり運動が得意になっていきます。

この3歳から小学校入学前の時期は、非常に大事な時期と言われており、教育の面でも重要とされています。

つまりこの頃から身体の成長、身長の成長は始まっていますので、しっかりと栄養を取って、運動をさせてあげる事が大事です。

そして大事なのが睡眠です、人は寝ている間に身体が育つと言われていますが、この睡眠というのが成長に大きく関係してきます。

睡眠が大事なのは成長ホルモンとの関係性

環境ホルモン 睡眠

なぜ睡眠が成長に関係が有るのかと、寝ている間に成長ホルモンの分泌が活発になるからです。

成長期の子供には、成長ホルモンは非常に重要です。成長ホルモンが沢山分泌されれば、身長もよく伸びますし、逆に睡眠不足で成長ホルモンがあまり分泌されないと身長の伸びも悪くなってしまうでしょう。

それほど成長ホルモンは大事なのです、とにかく成長ホルモンが活発になるように生活したいというのが本音ですね。成長ホルモンは、睡眠中に分泌が活発になるのですが、それだけではいけません。

食生活とも密接な関係性が有ります。規則正しい食生活をする事で、成長ホルモンは分泌されますので、ジャンクフードやお菓子などばかりを食べずに肉、魚、野菜、ご飯をバランスよく取る様にして、しっかりとした食生活を目指しましょう。つまり生活習慣が凄く大事な訳です。

成長ホルモンの働き

成長ホルモンは身長を伸ばしてくれるだけではなく、他にも様々な事に対しての影響が有ります。では、一体どのような影響が有るのでしょうか。

特に睡眠不足で成長ホルモンの分泌が、少なくなってしまった場合の影響を以下に説明します。

疲れへの影響

成長ホルモンは、脳の疲れを取ってくれる働きをしています。仕事や勉強、会議、日常生活など現代人は様々な脳の疲れを感じています。このような疲れを成長ホルモンは修復してくれます。

つまり睡眠が足りないと、疲れが取れないとか頭がボーっとするというのは、睡眠不足で成長ホルモンが足りていない状態になっているからです。このような状態が続くと常に身体が疲れた様な感じになってしまいます。

抵抗力への影響

風邪や病気などへの抵抗力も、成長ホルモンには関係しています。成長ホルモンは身体の組織を修復する機能が有りますので、免疫組織を保ち、回復力や免疫力を高める作用が有ります。

睡眠不足で抵抗力が下がってしまうと、風邪を引いてしまったり、他の病気に感染し易くなってしまいます。

筋肉への影響

成長ホルモンは筋肉にも影響を及ぼします。この成長ホルモンがどのように筋肉の肥大に関係するかというのは、はっきりと分かっていない部分も多いのですが、成長ホルモンの増加はタンパク質を増加させる結果になるという実験結果が元となっているようです。

実際に成長ホルモンを投与すると、筋肉量が増えたという実験結果も有ります。

筋トレに励むのであれば、この点を考慮して、しっかりと睡眠を取る事が大事になるでしょう。

脂肪への影響

また成長ホルモンは、脂肪にも影響を及ぼします。年を取ると太りやすくなるのは、成長ホルモンの分泌が少なくなってくる事に関連しています。

もちろん脂肪というのは、基礎代謝量や運動にも大きく関連していますが、成長ホルモンにも影響を受けているのです。生活習慣が乱れていたら太ってしまったというのは、成長ホルモンにも関連しています。成長ホルモンは体内の脂肪を分解して、エネルギーにする作用が有るからです。

太りたくないと考えている方が生活習慣を正さないといけない事は、このような事からも明白です。成長ホルモンが沢山分泌されるように気を付けましょうね。

ここまで見て頂いて成長ホルモンが、どれほど大事かという事が分かっていただけたと思います。では、ここから本題に戻って、成長ホルモン以外にも身長を伸ばす為に必要な事を見てみましょう。

身長の伸びにはアミノ酸が不可欠

アミノ酸 身長

成長ホルモンと並んで、身長を伸ばす為に必要なのはアミノ酸です。アミノ酸はタンパク質の成分です。アミノ酸と一言で言っても、色々な種類が有るのですが、特に身長に関係しているのはアルギニンというアミノ酸です。

アルギニンは、身長を伸ばす為に必要な成長ホルモンの分泌に関係するだけでなく、成長ホルモンの材料でも有ります。

ただしアミノ酸だけを摂取していれば身長が伸びる訳ではなく、しっかりとタンパク質を取る事が大事です。タンパク質を構成するのはアミノ酸ですので、アミノ酸をサプリなどで補助的に取得しながら、しっかりと肉や魚などを摂取しタンパク質を取る事が大事です。

タンパク質の多い食品などは別の記事でも触れているので、ご覧下さい。

前回の記事で、筋肉を付ける為にはトレーニングをする事によって、筋肉の破壊と再生を適切に行う事が大事だ...

身長を高くしたければ生活習慣や睡眠、そして栄養に気を付けよう

身長を伸ばす為には、他にも運動などの重要な要素も有るのですが、今回紹介した様な事が非常に重要になってきます。

やはり、昔からよく言う様に「寝る子は育つ」という事が正しいという事ではないでしょうか。生活習慣、食事や睡眠、そして栄養をしっかり取る事で身長が伸びる為の土台が出来てきます。

もちろん身長には、遺伝という要素も大きいのですが、最初から諦めてしまうよりは睡眠や栄養に特に気を付けて、成長ホルモンが活発に分泌される事を意識すると良いでしょう。

補助的に、サプリや栄養補助食品を取るのも良いですよ。


アスミール 詳細はこちら

スポンサーリンク

シェアする

フォローする