マッスル野郎

おすすめのプロテインやサプリメントの選び方について詳しく解説!

筋トレ

自宅でトレーニングする時にオススメの器具5選

更新日:

皆さんトレーニングされていますでしょうか?私は、ほぼ毎日トレーニングをしています。

まだトレーニングを始めてない方も、今年こそはやるぞ!と心に決めている方も多い事でしょう。

そのような方が最初に迷うのがジムに通うか、自宅でトレーニングするかという事だと思います。

仕事が不規則な方や、交通の便が悪い場所に住んでいてジムまで距離が有るというような方は、必然的に自宅でトレーニングをするようになるのではないでしょうか?

自宅でトレーニングを始めてみたいけど、何を揃えれば良いのか分からない・・・とか狭いスペースでも出来る事って有るの?という方向けに今回は、自宅でトレーニングする際に揃えれば良い器具を紹介します。

スポンサーリンク

自宅トレーニングにオススメの器具は?基本的な物から揃えよう

まずは、なるべく小さな器具から揃えていくのが良いでしょう。

いきなり大きい器具を購入してしまうと、後からトレーニングを続けなくなってしまった際に処分に困ったりします。

馬鹿デカいホームジムを購入して、あまり使わなくなった私が言うのですから間違いはないです(笑)

家でトレーニングする方の事を、通称ホームトレーニーと呼んだりします。今回はホームトレーニーになりたい方必見ですよ!

ダンベル

ダンベル 自宅トレーニング

誰が何と言ってもダンベルは、ホームトレーニングには欠かせない器具です。

場所を取らないサイズという事も有りますが、トレーニングと言えばダンベルというイメージなどから比較的自宅に有るという方も多いのではないでしょう。私が最初に買ったのもダンベルでした。

初心者は最初は軽くて安い物を購入する事から、始めるのが良いでしょう。いきなり重い重量を購入してしまっても、扱いが出来ずに苦労しますし、そもそも扱えない重量を購入するとモチベーションが下がってしまいます・・・

まずは5Kg程度の物を購入して、楽に扱える様になったら10Kgを購入してといった具合で増やしていくのが良いでしょう。

しかし何個も購入すると邪魔になりますし、お金もかかります。では、数を増やしていかないようにするのはどうすれば良いかと言うと、取り外しの出来る様な物を選べば良いです。

2つセットで20Kg程度のダンベルセットが初心者には扱いやすいです。プレートを着脱する事で重さを変える事が出来るので、使いやすいですね。ホームトレーニーにオススメです。

ダンベルが有れば、アームカールや、フレンチプレス、ショルダープレス、サイドレイズ、ダンベルフライなどの多数のトレーニングが出来ます。

>>ダンベルのおすすめとトレーニング方法!重量や初心者向けなどすべて解説!

ダンベルと自重トレーニング(腕立て、腹筋、スクワット、懸垂)だけでも、かなり良い身体を手に入れる事が出来ます。少ない器具や自重トレーニングでも、何もやらないよりは遥かにマシです。

初心者は、まずはダンベルのセットを購入してみるのがオススメです。

プッシュアップバー

Active Winner プッシュアップバー プッシュアップ 最新モデル 肉体改造 腕立てトレーニング 筋トレ

プッシュアップバーも、場所を取らない器具の1つです。自重トレーニングの中でも特に重要な腕立て伏せ(プッシュアップ)に利用する事の出来る器具です。

プッシュアップバーが無くても、腕立て伏せは出来ますが、有ると安定してしっかりとしたフォームでトレーニングを行えます。

腕立て伏せは、大胸筋、上腕三頭筋、三角筋などの筋肉強化に効果の有るトレーニングですが、器具を使わずに行うと意外と可動域が狭く、プッシュアップバーを利用する事で可動粋を広く出来るので、より効果的なトレーニングが出来ます。

プッシュアップバーを利用する事で、通常の位置よりも上半身の位置が高くなりますので、より深く沈み込む事が出来ます。当然負荷も余分にかかりますので、筋肉への効く様になります。

更に、何も使わずに腕立てを行っていて、手首が痛くなるという方も結構居ます。そのような方は、フォームが悪いか手首が弱いかなどの理由が有ります、それが原因でトレーニングを辞めてしまうのは勿体無いですよね。プッシュアップバーを利用すると強制的に良いフォームになるので、そういう方も利用してみると良いでしょう。

安い物であれば1000円程度で購入出来るので、ホームトレーニーの必需品と言っても良いのではないでしょうか?

フラットベンチ

リーディングエッジ フォールディング フラットベンチ 耐荷重200kg 折りたたみ ダンベルプレス器具 LE-FFB

フラットなベンチなども1つは持っておきたい器具です。今まで紹介した物よりは場所を取る様になりますが、持ち運びも出来ますし何よりもトレーニングの幅が広がります。

ベンチ自体に座って行うトレーニングや、ベンチの座る部分を利用してのダンベルを利用して手首を鍛えるリストカールなどの種目も行える様になります。

ダンベルプレスもベンチが有れば行えます。

ベンチプレスを行う為にはベンチプレス用のラックとバーベルのプレートやシャフトを含むセットが必要ですが、ダンベルセットさえ持っておけばベンチが有れば、ダンベルプレスを行えます。

ダンベルプレスも大胸筋を大きく発達させる為に必須の種目ですので、自宅で出来ると嬉しいですよね。

 

ダンベルプレスの動画を貼っておきましたのでご覧下さい。このようにダンベルと、ベンチだけで行う事が可能です。

腹筋ローラー

Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー 超静音 腹筋ローラー エクササイズローラー 膝を保護するマット付き

腹筋ローラーも誰もが一度は見た事が有る器具ではないでしょうか?

これって実際にやってみるとなかなか難しくて、結構パワーが必要です。この持ち手を持って転がしながら動かすトレーニングです。

いきなりやってみて、すぐに出来てしまう方は結構筋力が強い方だと思いますが、大体普通の方はいきなりは出来ないはずです。

そのような際には、まずはヒザを地面に付けて上半身だけで行う様にしましょう。膝をつけて、腹筋ローラーを転がし戻してくるだけです。

身体は床にギリギリつかない事を意識しましょうね。これで10回を数セット行ってみれば、かなり腹筋に効いている事が実感出来るはずです。

しばらくの期間は、ヒザをついた状態でトレーニングをしてみて慣れてくると、今度はヒザを付かずに腹筋ローラーを使ってみましょう。

立ったまま腹筋ローラーを持って、そのまま前に倒れていき、身体が真っすぐになったら又戻していき立った状態になり、又身体を伸ばすというものです。ここまで出来たら、相当にパワーが付いて腹筋もボコボコになってくるはずです。

細マッチョを目指している方にも、オススメしたいトレーニングですね。

しかも腹筋ローラーもプッシュアップバーと同様に非常に価格が安くて、負担にならないような金額で購入出来るので、1つは持っておきたい器具です。

握力グリッパー

Ironmind(アイアンマインド) Captains of Crush(キャプテンズオブクラッシュ) ハンドグリッパー 並行輸入品 (ナンバー1)

当サイトでは、握力の強化を重視して紹介しています。それは握力を鍛える事で日常生活にも役立つ事が増えますし、男としてのパワーの見せ所かなとも感じているからなんですね。

握力の強化は、握力そのものだけではなくデッドリフトやダンベルトレなどにも活かされます。そもそも握力が無ければ強い背筋を持っていても、デッドリフトで重い重量などは引く事が出来ないでしょう。

握力を鍛える事は自宅で可能ですし、少ないスペースにグリッパーを片付ける事も出来ますので非常にオススメです!

握力トレーニングは、メインのトレーニングのついでに行う感じでも良いと思いますので、是非とも自宅で行ってみて下さい。

キャプテンズ・オブ・クラッシュ・グリッパーを、握り込んでおけばおのずと握力はメキメキと上がります。握力が上がったと思ったら握力計で記録を計ってみるのも良いですよ。

自宅トレーニングのすすめ

自宅トレーニングと聞くと、器具を揃えるのが面倒だからやりたくないと考えてしまう方も多いかもしれませんが、実はそんな事は有りません。

少しのお金と、少しのスペース、そして努力と情熱が有ればホームトレーニーだってムキムキのマッチョボディや細マッチョになれるのです。

これに加えて自重トレーニングに励めば素晴らしい肉体を手に入れる事が出来ます。

まずはダンベルを揃えてみて、そこからトレーニングを始めるのが良いでしょう。始めてみないと何も変わらないのがトレーニングなので、ホームトレーニングを是非始めてみましょうね。

>>初心者はダンベルカールを何Kgでやれば良いのか?10Kgって重い?

おすすめ記事

bcaa おすすめ 1

BCAAを飲んでから筋トレを始める。または筋トレ中にBCAAを摂取。 というのは、既に筋トレをしている方なら当たり前のように行っているでしょう。 既に当サイトではBCAAの飲み方や効果などについても紹 ...

HMB 2

最近、筋トレをしている方の中でめきめきと知名度を上げているHMB。プロテインよりも筋肉肥大に効果があると言われていますよね! 聞いたことはあってもまだ一度も飲んだことがないという方も多いでしょう。 も ...

筋トレサプリメント 3

筋トレをやっていく上で欠かせないのが筋トレサプリや筋肉サプリといわれるサプリメントです。 最近ではジムや自宅で筋トレやウェイトレーニングをしている方は、ほぼ必ずといって良いほど何らかのサプリメントを摂 ...

-筋トレ

Copyright© マッスル野郎 , 2017 All Rights Reserved.