テストステロンは筋肉増強のホルモン!圧倒的に増やす方法とは?

筋肉を爆発的に増やしたい!力強い肉体を手に入れたい!当サイトを見ていただいている男性諸君は、皆さんそう考えていることだと思います。

その為には、筋トレ(ウェイトトレーニング)、食事(栄養)、睡眠などのバランスが整うという事が必要不可欠ですが、より男性ホルモンを活発に分泌させるという事も必要になります。

男性ホルモンのほとんどを占めるのが、テストステロンというホルモンです。このテストステロンが増えることによって筋肉を増強できるとされています。

今回は、マッチョになりたい男たちに送るテストステロンを増やす方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

テストステロンを増やせ!それが筋肉増強への道だ!その方法とは?

テストステロン 増やす方法

テストステロンとは、いわゆる男性ホルモンで、以下のような役割が有ります。

  • 筋肉増強
  • 骨格発達
  • 性欲の増加
  • 集中力の増加
  • 精神安定

と実に様々な働きが有ります。特に当サイトの閲覧者が気になるのは筋肉増強でしょう。

テストステロンは、18歳くらいから30歳くらいまでをピークに増え続けると言われており、30代位から減少していくので、この位の年齢から体の衰えを感じ始めるのは、テストステロンが大きく関係しているのではないかと言われております。

逆にいえば、テストステロンを増加させることが出来れば、30代以上の方でも健康で若々しく逞しい男性の肉体を保つことが出来るという訳です。

では、どのようにしてテストステロンを増加すれば良いのでしょうか?

筋トレをする事でテストステロンが増える!

まずは筋トレです。大定番なのが、筋トレを行うことでテストステロンが増えるという事です。

論より証拠ですが、筋トレを行っている方は若々しい方が非常に多いです。

特にウェイトトレーニングを、がっつりやり込んでいるような方です。テストステロンは、筋トレをする事で飛躍的に多く分泌されます。

上半身だけのウェイトトレーニングを行うよりは、下半身(バーベルスクワットレッグプレスなど)も取り入れて、全身をみっちりと鍛え抜いた方が、より沢山のテストステロンが分泌されるようです。

更にこの際に、何十回もできるような重量で行うよりは10回程度が限界といった重量でやる方が、より分泌を促すとも言われています。筋肥大を目指す方にとっては、低重量高回数よりも、高重量低回数は一般的なので、当てはまっていますよね。

睡眠をしっかりと取る

睡眠と筋肉の関係は非常に重要です。

人間は7時間程度寝るのが、健康に良いとされていますが、寝ている間に成長ホルモンが分泌されますので、寝たり起きたりの質の悪い睡眠や、睡眠時間が極端に短いというのは成長ホルモンすなわちテストステロンの分泌を減らしてしまうことになります。

普段から睡眠不足や、寝つきが悪いという方は、睡眠の為のサプリメントを摂ってみるのもおすすめです。

ストレスを減らした生活を送る

多分一番難しいのがこれですが、ストレスを抱えた生活だとテストステロンの分泌も減るとされています。

ストレスを減らし、充実した毎日を送りつつ筋トレに励むというのが、テストステロンを増やすコツですが、こればかりは個人個人に差が出てきてしまいます。

簡単にできる方法としては、趣味を持つことで休日はドライブや魚釣り、ゴルフなど又はAmazonのプライム会員になれば映画が見放題なので、このような方法で英気を養いストレス解消するというのがおすすめの方法です。

大人気のウォーキングデッドもシーズン1から全て無料で見ることが出来ます!(現在シーズン6まで見れます。)

サプリメントでテストステロンを増やす!

ここまでは生活の中で、テストステロンが増えるようにするという方法でしたが、やはり効果が高いのはサプリメントです。

サプリメントによって、低下してしまったテストステロンを正常な値まで引き上げるという使い道ですので、特に寝不足やストレスを抱えている。

疲れていて、筋トレに力が入らないというような時には、バルクスポーツのテストフェンなどを摂取するのが良いでしょう。

まとめ

男性が爆発的に筋肉量を増加させるためには、冒頭にも書いたように筋トレをハードに行う、睡眠をしっかりとる、ストレスを溜めない、栄養をしっかりと摂るという事が大事です。

テストステロンを増加するためには、基本的な事をしっかりと丁寧に行う必要が有ります。

栄誉という面では、サプリメントから摂取する他にも、食事をバランス良く摂取する事も必要ですので、当サイトの別の記事もご覧下さい。

特にタンパク質は重要ですので、iHerbなどで安く購入するのもおすすめです。

関連:プロテインを1日に飲む回数は?回数は決まっている訳ではない

スポンサーリンク

シェアする

フォローする