間食をするならプロテインバーを食べよう!腹持ちが良くて高タンパク!

ダイエットをする際や、身体を絞る際には基本的に炭水化物は抜くもしくはほとんど食べないようにして、筋肉量は維持もしくは増量させていきます。

しかしやはり炭水化物(ご飯、麺類やパンなど)はみんな大好きですし、どうしても減らすとお腹が減ってしまいます。

お腹が減ると、お菓子などの間食に手が伸びてしまう方も多いと思いますが、当然これはダイエットや減量の敵ですよね。たまになら良いのですが、習慣化してしまうとせっかく炭水化物を抜いているのに、脂質や糖分の多いお菓子やパンを食べてしまうというのは全てが無駄になってしまいます。

スポンサーリンク

お腹が減ってしまったらプロテインバーを食べるのがおすすめ!

コンバットクランチ

いくら減量中だといってもお腹が減ってしまう事は、仕方がないですし空腹の時間を増やしてしまうと、筋肉の発達に良くないので間に高タンパク、低脂肪な食品をお腹に入れると良いでしょう。

高タンパク、低脂肪の代表と言えばプロテインですが、プロテインはやはり固形ではなく飲む物なので、食べ物として食べたい!という時には向きません。

そのような際にはプロテインバーを食べるのが、非常に腹持ちが良いのでおすすめです。

プロテインバーはなんで間食に良いの?

プロテインバーのメリットは、1本食べる事で、かなり満足するという事です。プロテインを飲むだけだと何だか物足りない気がしてしまうのですが、コンバットクランチなどは1本食べるとお腹がいっぱいになるほどの量です。

コンバット クランチバー, チョコレートチップクッキーダフ 12 Bars

つまり気持ちの面で、まず自分を満足させる事が出来るというのは大きな利点です。

気持ちの面だけでプロテインバーが良い訳ではありません、コンバットクランチだと1本につきタンパク質は20gも含まれており、1日に必要とされるタンパク質に大きく貢献もしています。

重量は63gで、カロリーは210kcalと少々お高め、タンパク質は20gも含まれております。脂質が7g、炭水化物が25gで、まさしくジムに行く前の栄養補給に良い感じです。

当サイトの他の記事で書いた様に、コンバットクランチはこのような栄養素となっていますので、間食として食べるのには最適です。

間食 カロリー

この画像は、あるパンの栄養成分ですが、カロリーはなんと369Kcalでタンパク質も多少含まれていますが、脂質と炭水化物が非常に多いです。炭水化物44,4gなどは多すぎます・・・こんなパンを間食で食べているとダイエットなど出来るはず無いのです。

他にもプロテインバーを取る理由としては、ダイエット中は身体の血糖値を一定に保つ方が良いので、極限まで食事を我慢してから食事を取るという方法はあまり良くないのです。つまりある程度は間食をしながら、血糖値を一定に保って、減量を行う方が理にかなっています。

血糖値を一定にする以外にも、空腹時には身体が筋肉を分解する事でエネルギーにしてしまいますので、筋肉の量を減らさない様に、なるべく空腹にならないようにする必要が有ります。

プロテインバーを食べていればマッチョになったり痩せれるの?

これは残念ながらそうではありません。

いくら食事制限をしながらプロテインや、プロテインバーを食べていても、運動をしないと太ってしまいます。

プロテインバーにも上に記載した様に当然カロリーは有りますし、脂質や炭水化物も含まれています。これはプロテインも同様です。ただ飲んだり食べたりすると、それが筋肉に変わるという事は無いのです。

たまにこの辺りを勘違いしている人も、ちらほら見かけますね。あくまでウェイトトレーニングや、運動を行った上で良質なタンパク質を取る為の補助として、プロテインやプロテインバーを摂取するべきなのです。

間食で、ご飯を食べてしまったり、お菓子を食べてしまったりするのはダイエットの大敵です、なるべく炭水化物の少ない物で、かつお腹に溜まり、タンパク質の多く含まれている食品つまり今回だとプロテインバーを上手く取り入れながら、ダイエットや減量を行うと良いですね!

当サイトのおすすめプロテインバーは、コンバットクランチウイダーinバーです!コンバットクランチはiHerbで購入するのが一番安いですねー。

コンバットクランチ – iHerb

筋力トレーニングやダイエットを始めると、結果ばかりが気になってしまうという方は多いのではない...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする