冬におすすめのトレーニングウェア!室内用と屋外用を紹介!

シェアする

ウェイトトレーニングをやっている方は、かなりトレーニングウェアにこだわりを持っている方が多いです。様々なトレーニングウェアやブランドをジムで見かけます。

夏だと、アンダーアーマーのコンプレッションやフィッティドのウェアを上着にして、下はハーフパンツというスタイルが管理人のお気に入りです。

夏はジム内や、自宅でのトレ時にエアコンが効いていますので、このようなスタイルで良いのですが、冬になると人それぞれ様々なスタイルになります。

これからトレーニングを始める方や、冬場のトレーニングウェアで良いのがないか探している方のために、今回は冬場におすすめのトレーニングウェアを紹介してみます。

スポンサーリンク

冬におすすめのトレーニングウェアとは?室内、室外用も紹介

冬 トレーニングウェア

まずはトレーニング環境によって選ぶウェアは、違うものになってくるという事を最初に考えないといけません。

ジムによっては、暖房ガンガンの場所もあれば、ストーブだけのハードコアなジムもあります。もしくは、自宅の倉庫などの半屋外の方もいますし、ランニングなどは完全に屋外です。

まずは暖房が効いている快適なジム内でトレーニングを行っている方用のウェアから紹介してみます。

冬でも暖かい室内でのおすすめトレーニングウェア

基本的には、アンダーアーマーのコンプレッションフィットや、フィッティドフィットのウェアで良いでしょう。袖の長さは、長袖です。

コンプレッションフィットは体を締め付けるほどのフィットで、体の動きをサポートしてくれます。フィッティドはコンプレッションほどは締め付けがキツくないですがぴったりとしたデザインです。

どちらも体型を目立たせますので、モチベーションが上がることは間違いありません。

上の様なタイプが有ります。どちらを選んでもトレーニングをしやすいです。管理人も愛用しています。

アンダーアーマー以外にも、ナイキやアディダスにも同様のタイプのウェアが有ります。

デザイン性も良く、ウェアとしても高機能なので、ウェイトトレーニングや室内での有酸素運動にも向いています。

上着は、このようなウェアでも良いでしょうし、普通にTシャツやロンTでも良いと感じます。室内が温度管理されているので、トレーニングをすると逆に暑いくらいに感じるはずです。

次にパンツですが、これもハーフパンツで問題ないと感じます。そこまで寒さを感じることはないからです。

ハーフパンツは細身のタイプも良いですし、バーベルスクワットをやる場合は、もう少しゆったり目のハーフパンツも良いでしょう。

フリースのショーツも良いですね。

さらに、ハーフパンツだけで物足りない場合は、ロングタイツもおすすめです。

足元がスースーする感じは無くなるので、冬でも良いですね。

冬は寒いジム内でのおすすめトレーニングウェア

ジムによっては、暖房をつけずストーブで室内を暖めているジムもあります。個人経営のハードコアな雰囲気なジムに多いのではないでしょうか。

今時、その様なジムは少ないかもしれませんが、基本的に室内が空調で温度管理されていないことを考えると、あらかじめ対策して通うべきでしょう。

特に寒い冬場に威力を発揮するのが、アンダーアーマーのコールドギアです。

このコールドギアは、かなり低い温度に対応して作られており、断熱性が高い作りとなっています。コールドギアだけを着てトレーニングするのも良いですし、さらに上にパーカーなどを着るのも良いでしょう。

パーカーは、暑くなれば脱げば良いので、下にコールドギアを着て上にパーカーという組み合わせであれば、かなり寒い環境でも快適にトレーニングが出来るはずです。

下に合わせるパンツは、ハーフパンツでも良いですが、タイツは必須でしょう。もちろん長ズボンでも良いですが、脚トレをやるときはどうしても長いパンツだと邪魔になったりするので、細身なものかハーフパンツ+タイツがおすすめとなります。

自宅でのトレーニングで、倉庫や車庫などにベンチプレスのラックやパワーラックを置いているという自宅トレーニーの方も、このようなウェアなら随分と冬を乗り切れますので、検討してみるのが良いでしょう。

冬場の屋外でのランニングやジョギングの場合のウェア

冬場に一番きついのが、屋外でのトレーニングです。基本的には、有酸素運動がメインとなるでしょう。

この場合は、室内のような装備だとかなり寒いので、本格的に暖かくする必要が有ります。

まずは、何と言ってもウィンドブレーカーは手に入れましょう。

暖かいウィンドブレーカーを上着として選んで、下に着るのは先ほど紹介したアンダーアーマーのコールドウェアなどでも良いですし、ユニクロのヒートテックや極暖ヒートテックなどを着るのもおすすめです。

ランニング時はハーフパンツを履く方が多いですが、寒いのでタイツは必須です。ランニングタイツとしては、タイツとしては有名なワコールのCW-Xが有りますが、HOTタイプがラインナップされているので、高めでは有りますが冬場には活躍してくれます。

ミズノの裏起毛の有るタイプのロングタイツも大活躍してくれます。

まとめ

結局、冬場でも暖かい環境でトレーニングが出来る場合には夏場とほとんど変わらないような服装でトレーニングを行っても全く問題はありません。

問題なのは、冬場に寒い環境でトレーニングをする方です。ウェアで防寒しないとトレーニングどころではなくなってしまいますので、今回の記事を参考にしてもらえればなあと思います。

防寒ウェアといえば、登山用のモンベルなどのメーカーのウェアも防寒着として非常にレベルが高いので検討してみるのも良いかもしれません。

このようなウィンドブレーカーはランニングにもピッタリですし、寒い室内での筋トレにも向きますね。

寒い冬のトレーニングを、ウェアにもこだわって楽しく乗り切りましょうね!

関連:iHerbでの買い物の方法を紹介!とにかく安くサプリが買いたければiHerbです!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする