成人男性の握力の平均!弱いよりも強い方が良いので確認しておこう

シェアする

握る力、すなわち握力の強さは男らしさをアピールできるポイントですよね。

女性にはわかりにくいかもしれませんが、男性同士で握手した時に感じる「おっ、こいつやるな」という印象は大きなものです。

まあ、そんな事を気にしているのは身体を鍛えている男性だけかもしれませんが、握力を鍛えている人は実はかなり多いです。

握力が強ければ、普段の生活にも生活にも役立ちます。例えば、彼女や奥さん、お母さんが瓶の蓋があかない!といっていれば開けてあげることも出来ますし、握力が強いと役立つシーンは様々有ります。

そんな握力ですが、一体成人男性の平均値はどの程度なのでしょうか?やはり、当サイトは筋トレにこだわるサイトですので、見ている方も一般より上を狙いたいところですね。

そして握力を鍛えるためには、どのようにすれば良いのか?という事を今回は書いていきます。

スポンサーリンク

成人男性って握力どのくらい有るの?あなたは平均以上?以下?

握力 平均値

今回は、基本的に成人男性に絞って紹介していこうと思います。

女性や子供の数値については、また別でまとめるとして今回は当サイトを一番熱心に見ていただいているであろう、成人男性に対してのデータです。

ウェイトトレーニングを行って、肉体改造をする上ではどうしても握力の強さというのは切り離せない事でも有るので、平均値を知った上で強化していくのがおすすめです。

成人男性の握力平均

平成26年度の文部科学省が調査した、握力の平均値を以下に掲載します。

25歳〜29歳 約47,5Kg
35歳〜39歳 約48Kg
45歳〜49歳 約47Kg
55歳〜59歳 約45Kg

出典:文部科学省

このような感じで、掲載されていました。

なぜか10歳刻みで29歳から35歳は?とか思ってしまいましたが、25歳〜29歳が20代の平均だと考えても良さそうですね。

大体の平均値として、成人男性の場合は約50Kgに少し届かないという感じになりました。

20代から50代までそれほど、平均値が落ちていかないという事にも気づきます。若干50代だと落ちていますが、それまでは特にトレーニングをしなくても45Kg程度有るのが平均値として考えても良いでしょう。

この結果から分かることは、50Kg以上の握力を持つ人は平均以上ということです。

重要な事なのでもう一度言います。

握力50Kg以上は普通以上

という事になります。つまり、当サイトを見ていただいている方々だとこの数値よりは上を目指したいという事になりますね。やっぱりハードにトレーニングしているのに一般の平均より下って嫌ですもんね・・・

50Kgより大幅に下回る握力しかない場合は、ちょっと鍛えたほうが良いかもしれません。

握力が60Kgや、それ以上70Kg、80Kgとなると一般の方からは凄まじい握力を持っていると讃えられるでしょう。まして100Kg超えとなると神クラスですね。実際にそういう方もちらほら、いますが。

では握力50Kg以上を目指すには、具体的にどのように鍛えれば良いのでしょうか?

握力平均値を超えるためのトレーニング

とにかく平均以上の握力を手にれるためには、グリッパーをやりこむに限ります。

過去にも当サイトで紹介しましたが、キャプテンズオブクラッシュグリッパーは特におすすめです。

価格も安いので、一つ持っておくだけでどこでも握力を鍛える事が可能です。

普段のウェイトトレーニングに加えて、グリッパーを握りこんでおくと握力も強くなりますので、デッドリフトを行う際のグリップも強くなります。

グリッパーは、何度も軽い強度でやるよりも数回しか握れないような強度でやるべきです。握力を強くする為には、ウェイトトレーニングと一緒で強度が大事です。

握力は鍛えれば、リンゴを握りつぶす事も出来るようになるので、鍛えまくりましょう。

関連:りんごを握りつぶすために必要な握力は何キロ?潰すための鍛え方は?

まとめ

握力の平均値を知ることで、自分がどのくらいの位置にいるかという事が分かります。

握力は握力計で測ってみると正確な数値を知る事が出来ます。

まずは平均より上を狙って、はまると上には上がいますので筋トレ同様握力トレもやり込んでみるのも良いですね。

より正確に測るのであれば、トーエイライトの握力計がおすすめですね。

おすすめ記事:オプチマムのゴールドスタンダードをレビュー!最強のコスパを誇るプロテイン!激安情報も!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする