マッスル野郎

おすすめのプロテインやサプリメントの選び方について詳しく解説!

筋トレ

ダンベルのおすすめとトレーニング方法!重量や初心者向けなどすべて解説!

更新日:

筋トレといえばダンベル!ダンベルといえば筋トレ!

管理人はジムで高重量で追い込む派なのですが、自宅でトレーニングをしているいわゆるホームトレーニーの方々はダンベルは最低限持っているかと思います。

もし、これから自宅でトレーニングを始める気だという場合には、一番最初に購入する筋トレ器具としてダンベルをおすすめします。

ダンベルトレーニングは絶対に筋トレに取り入れておくべきです!

今回の記事では、なぜ最初にダンベルを購入するのが良いのかダンベルを持っているとどのような筋トレができるのか、どのようなダンベル(重量や価格)を購入すれば良いのかを紹介していきます。

スポンサーリンク


 

自宅トレーニーが最初に購入すべきはダンベルセット!その理由を紹介

ダンベル

なぜ最初にダンベルのセットが必要なのか?持っておくべきなのか?

それはダンベルが筋トレにおいて非常に使い勝手の良い器具だからです。

ダンベルは場所を取らずに鍛えることができる

まずは何といってもダンベルトレーニングはスペースを取りません。

部屋で人が一人立てれば、または座れればトレーニングする事ができます。畳1畳分程度のスペースで十分に追い込んだトレーニングが可能です。

ダンベルカール、サイドレイズ、ダンベルショルダープレス、ダンベルスクワット、どれを行ったとしても全てダンベルのセットが有れば自宅で完結します。

ダンベル自体の大きさが小さいので、部屋に置いていても邪魔になる事はありませんし、家族にも迷惑をかけることがありません。

トレーニングを始める際には、最初に自重トレーニング(腕立て伏せや腹筋など)から始める方が多いのですが、その次がダンベルといった具合です。

自重トレで満足した人が、次のステップに向かう時、まずはダンベルを購入するのが自然な流れです。

ダンベルが有れば様々なトレーニングを行える

ダンベルトレーニングは奥が深いものです。

バーベルで、がっつりと体を鍛えている方がダンベルを使わないかといったら大間違いです。

ムキムキに鍛えている方は必ずダンベルを使って筋トレをしています。

バーベルに比べて、可動域を自由に使えるので、より効かせたい筋肉に対してアプローチする事ができます。

少し軌道を変えるだけで、効き具合が変わってくるのがダンベルトレーニングです。

初心者におすすめのダンベルトレーニングは、上腕二頭筋を鍛えるダンベルアームカールや三角筋を鍛えるサイドレイズやダンベルショルダープレス、上腕三頭筋を鍛えるダンベルローイングなどです。

どれも最初は軽い重量から始めますが、すぐにそれなりの重量が扱えるようになります。

かっこいい肉体を目指すのであれば、必須のトレーニングばかりですのでダンベルを利用して行ってみましょう。

ダンベルは必ず2つで1セットを購入しよう

ダンベルセット

ダンベルを購入する際には、1つだけ購入するのはなるべくならやめておく方が良いです。

1つでもトレーニングが出来ないことはないですが、2つ(1セット)有った方がトレーニングの効率が格段に良いです。

1セット購入しても、それほど場所も取らないですし、価格もそれほど変わらないので2つで1セットを購入するべきです。

管理人の知り合いでも大体の方が1つだけ購入して、後から2つ購入しておくべきだったと後悔しています。

これだとせっかく購入するのに意味がなくなってしまうので購入する際には必ずセットで!

ダンベルの重量は余裕を持って重たいものでも良い

初心者の方が考えがちなのは、最初は重たい重量を扱えないから固定されている重量で、5Kgずつとか10Kgずつを購入するという事です。

買い足していくのであれば、これでも特に悪いわけではないのですが、お金がもったいないですし自宅にどんどんダンベルが増えてしまうと、せっかく省スペースで行えるダンベルトレなのに矛盾してしまいます。

そう考えると、最初からある程度重量が有って、しかもプレートの取り外しが出来るタイプのダンベルを購入するべきです。

 

↑このようなタイプがおすすめです。

 

片手20Kgあれば、しばらくは不満なく使えます。それ以上を扱うようになればジムに通ったり、もっと重たい本格的なダンベルを購入するのも良いです。

 

おすすめのダンベル

ここでは初心者の方にもおすすめなダンベルセットを紹介していきたいと思います。

FIELDOOR 鉄アレー

まずはダンベルというより鉄アレイ、そう!鉄の塊!

10Kgの2個セットですね!一見良さそうですが、10Kgから重量を変えることができないので、あまりおすすめしません。

重すぎると感じても、軽すぎると感じても良くないので、鉄アレイはスルーしておきましょう(笑)

しかもむき出しの鉄なので、床などにも傷を付けてしまう恐れもあります。

重量ごとに揃えておきたい方には、鉄アレイでも良いと思いますが1セットだけならやめておくのが賢明です!

 

アーミーダンベル 10Kg 2個セット

このようなタイプのダンベルは良いですね!5Kg、7Kg、10Kgと重量を変更することができます。

この製品が自宅利用するときに良いのは、鉄部分がむき出しではなくポリエチレンを使っているので、床を傷つけにくく安いシーズンでも手が冷たくならないこと!

毎日使うものであれば、なるべくストレスを感じずに使いたいですよね。結構ダンベルの持つ部分って冷たいので・・・女性にもおすすめですね!

 

アイロテック ラバーダンベル 40Kgセット

初心者から中級者を目指すなら、このくらいの重量のダンベルセットは持っておきたいです。

それがアイロテックのラバーダンベル!

アイロテックは大人気の筋トレグッズを販売するメーカーです。ホームジム用のパワーラックも充実しています。

>>パワーラックは自宅でハードな筋トレができる!おすすめや使い方などを紹介!

 

このダンベルセットはラバーが付いているので、床を傷つけず静音性にも優れるので床に置いたときに大きな音がするのを防げます。

万が一落下させてしまったときにも、全く怪我をしないことはないかもしれませんが鉄が直接ぶつかるのを防いでくれます。

重量も合計で40Kg、片手20Kgまでいけるので筋トレ初心者から中級者程度までであれば十分に筋トレが可能です!上級者だとすこし軽いかも・・・

プレートを付け外しすることで重さは調節できるのでこんなに重たい重量のダンベルセットを買っても大丈夫だろうかと心配している方でも安心できますね!

最低でも重量を変えれるということと、ラバーは重視したいですね!

このダンベルセットはAmazonでの人気やレビューも高く、価格もそれなりに安いのでコスパが最高です。

 

アイロテック ラバーダンベル 60Kgセット

完全に中級者から上級者向けなのが、同じくアイロテックのダンベル 60Kgセットです!

最初からここまでの重量を扱ってトレーニングをする事を想定しているのであれば、手に入れておいても損はありません。

体重がそれなりにある方や、ボディビルトレーニングなどをやるのであれば重たい重量のダンベルも持っておいても良いかもしれませんね!

 

まとめ

このページではダンベルについて詳しく解説してきました。

初心者の方が、最初に悩むのはダンベルの重量!どのくらいの物を買えば良いのかが分からないんですよね。

結論としてはダンベルは、必ず2個セットで購入しておいて、ここまでの重量は使わないかなというような重さを持っておいても良いと感じます。

あまり軽いセットを買っておくと、あとで不足してしまったときに後悔してしまうからです・・・

実際に管理人は40Kgセットでも足りないです。

私はジムでトレーニングしているので、もっと重たいダンベルが有りますが自宅での限界は家の床などの事も考えると60Kgセット程度までかなとも思いますね。

一軒家ならともかくアパート等だと、あまり重たいものを床に頻繁に置くと騒音問題などにもなりますし・・・

マットを引いて行うと随分と騒音は抑えることができるのはできます。

 

ダンベルが有るのとないとではトレーニングの質や楽しさが全く変わってきますので、これから筋トレを始めようとしている方は必ずダンベルセットを手に入れてください。

メーカーはアイロテックがおすすめですよ!

 

>>上腕二頭筋の筋トレ方法を解説!ダンベルや自重での鍛え方を紹介

>>自宅で下半身を追い込むならダンベルスクワットがおすすめ!



おすすめ記事

bcaa おすすめ 1

BCAAを飲んでから筋トレを始める。または筋トレ中にBCAAを摂取。 というのは、既に筋トレをしている方なら当たり前のように行っているでしょう。 既に当サイトではBCAAの飲み方や効果などについても紹 ...

筋トレサプリメント 2

筋トレをやっていく上で欠かせないのが筋トレサプリや筋肉サプリといわれるサプリメントです。 最近ではジムや自宅で筋トレやウェイトレーニングをしている方は、ほぼ必ずといって良いほど何らかのサプリメントを摂 ...

HMB 3

最近、筋トレをしている方の中でめきめきと知名度を上げているHMB。プロテインよりも筋肉肥大に効果があると言われていますよね! 聞いたことはあってもまだ一度も飲んだことがないという方も多いでしょう。 も ...

-筋トレ

Copyright© マッスル野郎 , 2017 All Rights Reserved.